チューリッヒ保険



PR: お見積りが電話で分かりますガリバー廃車見積サービス
PR: ■ネットで見積り簡単比較■ オートックワン無料オンライン新車見積り!

「安物買いの銭失い」にならないように。

「1円でもやすく買いたい」・・・物を買うのに当然の考え方だと思いますが、
安く買ったから、それが”お得な買い物”だとは限りません。

生鮮食品の安売りで、”腐りかけ”を買わされることもあります。
不人気商品は安くゲットできますが、不人気なのは、”それなりの理由”があります。

このような物は、例え安く購入できたとしても、お得な買い物とは言えないと思います。

せっかく買った食べ物が不味かったり、使えない道具を買わされたり・・・
このような事があると、結局買い直しに繋がり、無駄な出費を生んでしまいます。

ここでは、自動車とは何か?それぞれの自動車の違いは何か?
その車は、高いのか?安いのか?
そして何より、お得で快適なカーライフを送るためにどうすればよいのか?考えます。

自動車を知ることで、セールスと対等に渡り合える。

騙されてはいけない!!

どのような商品でもそうですが、「価格には理由がある」のです。
企業努力でコスト・ダウンに成功した商品なら結構ですが、中には、粗悪で売れないから、安くなる商品もあります。

また、大した理由でもないのに、何故か客のウケが悪く、商品に問題はないのに安くなる商品もあります。

それでも、セールスにしてみれば、どのような事情があるにせよ、”売らなければならない商品”なので、
そのような事情に関係なく、少しでも高く売りたいのが、本音なのです。

一方、消費者からみれば、良い商品を少しでも安く手に入れたいわけですから、欲しい車について、
どのような事情があるのか、十分に調べ、適正価格を知らなければいけません。

一方的にセールスの勧められるがままに購入に至ってしまうのは、大変なリスクがあります。

相場を知る

欲しい車が人気車か、不人気車か?
セールスが言う「値引き」は、安いのか高いのか?
これは、一人の力ではなかなか判りません。

しかし、私たち消費者にはITという情報源があります。
その車の適正価格、最安値は、瞬時にして判るのです。

例えば複数の業者に同時に見積もりを出させる方法があります。

無料で、しかもメールなどのやりとりなので、しつこい勧誘なども心配ないので、
こういう物を利用しない手はありません。

さらに比較サイトを利用する方法もあります。
これならば、手間も少なく一目瞭然です。

ただし、同じ車でも、仕様によって、かなり価格が変わるので、やはり最終的には見積もりを取ってみなければ、
本当の価格を知ることは難しいとは思います。

セールスが売りたい車とは?、適正な車が一致しているとは限らない。

カーディーラーが売りたい車とは?

これは様々な理由があります。
ノルマがあるとか、モデル末期で売れ残ったとか、ネガティブな理由もあるでしょう。

一方、本当に良い車で人気があり、セールスも良い車だと思うから、勧めると言ったポジティブな理由もあるでしょう。

大事なのは、やはり車の素性を見抜き、「なぜ、このセールスがこの車を勧めるのか?」ということを
ちゃんと知らなければいけません。

特別仕様車は”お得”だろうか?

これは様々な理由があります。
ネガティブな理由としては、モデル末期で新型が出る前に売り切ってしまいたいから、特別装備で安く売るなどです。

ポジティブな理由としては、人気があり、増産体制に入りたいので、販売にテコ入れしたい、などです。

ここで重要なのは、「何故この時期に特別仕様車が登場するのか?」本当の理由を知ることです。

セールスが売りたい車と購入するべき車が一致しているとは限らない。

これも、重要なポイントです。
あなたのカーライフを支えるが、どの自動車が適正なのか、自分で判断できているでしょうか?
それぞれの車の特徴、メーカーの特徴を理解できているでしょうか?

コンパクトカー、ミニバン、ハイブリッド・・・・、車選びはそれだけではありません。

レイアウトを理解していますか?

車の特徴を知る手がかりで、大事なポイントの一つがレイアウトです。
エンジン、駆動輪、燃料タンク、シート、などをどのように配置しているか?
これで車の特性は大きく変わります。

維持費が安ければ、それで”お得”と言えますか?

例えば、ハイブリッド・カーは、「維持費が安い」と思われている方が多いと思います。

ところが、実際は、燃費が良いのと税金が安いという特徴はあるものの、
バッテリーが高価だったり、車体が大きく、駐車場に制限があるなど、デメリットもあるのです。

また、維持費の面で圧倒的に有利な軽自動車も、車体とエンジンのバランスに問題があり、
普通車並みの走行性能は、期待できません。
これでは、ただ安いだけで、快適ではなく、”お得な買い物だったなぁ”と思えないのではないでしょうか?

自動車を知る!

あなたは、自動車の特徴を知っていますか?
その車、他の車との違いを知っていますか?

車とは、交通機関ではありますが、電車やバスと違い、単に移動するだけではなく、
”自分で運転し”、”家族や知人、大事な荷物”を運びます。

また、自分の趣味を生かすために、必要な道具ともなりますし、車に乗ること自体趣味にしてもかまいません。

そういう意味では、自動車は、単純な交通機関ではなく、生活の一部であるし、趣味の一環でもあるし、
また、ステータスでもあるのです。

ただ、移動するだけでなく、”移動する時間”、言い換えると、”車に乗っている時間”を幸せに感じることができるか?
また、自宅のガレージに置いておいて、心癒すことができるか?
このような事も自動車選びの重要なポイントになると思うのです。

車を購入する目的をしっかり持つ

自動車のタイプを考える

車は、「買い物」、「通勤」と言った、いわゆる日常の足として使う場合。
やはり、「買い物に便利な車」、「通勤に適した車」というタイプがあります。

こういった車は、コンパクトで小回りが利いて、燃費が良い、コンパクトカーが良いでしょう。

しかし、主に週末に家族とお出かけ(ドライブなど)をする、ための車としてはどうでしょうか?

家族4人乗れないことはないですが、快適とは言えませんし、大きな買い物や、泊りがけの旅行になると、
荷物が積めなくなってしまいます。

また、運転そのものを楽しむ車もあります。
そもそも、自動車は、”便利なもの”ではありますが、”楽しいもの”でもあるのです。
そのような”楽しい車”を選ぶという選択肢も当然あるのです。

必要としている性能が、その車にあるか?

あなたは、どのような車が欲しいのでしょうか?

色や形、大きさ、などを思い浮かべる方が多いでしょう。
「ミニバンが欲しい」「燃費の良い車が欲しい」「カッコいい車が欲しい」という方も多いでしょうね。

でも、「運転し易い」、「坂道を元気良く走る」、「乗り心地が良い」、「安全性能が高い」なども
一度、考えてみてください。

こういった”自動車の基本性能”と言われる部分は、自動車作りで一番大切な部分なのですが、
最近のマーケットでは、軽視されているような気がしてなりません。

これでは、本当に良い車は消滅してしまい、単に便利だけど、つまらない乗り物になってしまいます。

ここでは、自動車の基本性能を簡単に判りやすく説明し、楽しい自動車選ができるように、
紹介しています。

ぜひ、読んでいただき、少しでも興味を持っていただいたら、専門のサイトを覗いたり、専門誌などをチェックして、
さらに、自動車に興味を持っていただけると幸いです。

正しい車の買い方>>駆動方式を知って自動車選び

PR: クルマはネットでお買い得。ガリバーの「ネット割」
PR: アルティメットの競馬予想が的中し続ける理由・・・