〔ドストエフスキーの
身体的特徴〕

http://www.coara.or.jp/~dost/BT-2.gif



〇身長
背はふつうよりも、低い。169cm28歳時〕。
※見た人によって、
「やや低くて小柄な感じだった」「中背」「普通よりも、やや高い」という印象の証言も、いくつかあり。

〇体格
体格はよく、頑丈。
肩幅が広く、胸は厚い。

〇風采
「見たところ、たいへん風采(ふうさい)があがらず、小さくて、また醜男(ぶおとこ)でしたが、―以下略―」〔晩年のドストエフスキーの「プーシキン講演」を会場内で聴いた一婦人の言。〕

〇顔色
・病的に蒼白(あおじろ)い。白っぽい。顔の皮膚は弱々しそうで、蒼白い蝋(ろう)のよう。
・そばかすだらけの顔〔30代前半〕。
・右の頬には、世間によくある種類の疣(いぼ)がついている。

〇頭部の形
大きな頭の形は、古代ギリシャの哲学者ソクラテスのそれに似ていると自他ともに認めていた。

〇頭髪
・明るい亜麻(あま)(淡い亜麻色。ブロンド色。)
・うすくなっているとはいえ、白髪が一本もない、やわらかそうな細い髪の毛〔52歳〕。真っ直ぐな髪の毛。
・こってりとポマードが塗られ、入念に撫()でつけられていた。

〇額
縦に垂直に広く、額の上部は突き出て(盛り上がって)いる。皺(しわ)と突起で、でこぼこしている。

〇目
・灰色(明るい灰色がかった目。薄色。灰色がかった青い目。やや赤茶けていた。)
「両方の目の色は同じでなく、片方は茶褐色、もう一方の目(右目)はいっぱいに瞳孔が拡(ひろ)がっていて、虹彩(こうさい。=瞳のまわりにある茶褐色の膜。)がなかった」〔妻アンナの言〕。
・落ちくぼんだ小さな、ぎらぎら光る(輝く)両眼。

〇鼻
普通(やや低い)

〇唇
薄い唇はいつもしっかりと結ばれている。

〇耳
彼は大きな耳を持っている。高く厚く、鼻よりも長い耳である。


(その他)

・ちぢれた、まばらな亜麻色の(赤茶けた)長い顎髭(あごひげ)・口髭(くちひげ)

・額の左の眉毛の上に小さな傷痕あり。

・こめかみは鉄槌(てっつい)で叩いたように、くぼんでいる。

・手のひらや足なども目立って大きかった。

・身体はいつも真っ直ぐに伸ばしていた〔妻アンナの言〕。

・服装
いつも清潔にしていて、センスよく着こなしていた。

・視力
氏は、近視だったが〔氏が45歳の時の妻アンナの言〕、
残されている氏の数多くの写真や肖像からわかるように、氏は、眼鏡は常時はかけておらず、書斎で細かい文字などを読む際などに、眼鏡を使用した。ドストエフスキー文学記念博物館に展示されている遺品の中には、氏が愛用した眼鏡が見られる。


※、以上は、ドストエフスキーと対面した同時代人が書き残した記述、などによる。



http://www.coara.or.jp/~dost/BT-2.gif