主要著作・論文

戻る



・青字の書は、重要な、あるいは、研究者必携の本。
・★を後ろに付している書は、現在、市販中の本。
・「」は、学術論文や、ある本の中の文章。


<日本2.ロシア文学の翻訳・研究家

〔 清水 正 (まさし) 〕
ドストエフスキー・宮沢賢治の研究家。1949〜。《論 1
雑誌「江古田文学」編集長、「д文学通信」編集発行人、д文学研究会主宰。現在、日本大学芸術学部教授。

『ドストエフスキー体験』 (私家版。1970年刊。)
『停止した分裂者の覚書』 (豊島書房1971年刊。上書の増補改訂版。)
『ドストエフスキー体験記述』 (私家版。1974年刊。)
『ドストエフスキー・中期二作品』 (呼夢書房刊。) 
『ドストエフスキー初期作品の世界』 (沖積舎1988年刊。)
 … 『貧しき人々』『分身』『プロハルチン氏』『おかみさん』を中心に、『スチェパンチコヴォ村とその住人』までの小説に関する作品論。
『「悪霊」論 ― ドストエフスキーの作品世界』 (Д文学研究会1990年刊。鳥影社1990年刊。)
『ドストエフスキー「悪霊」の世界』 (鳥影社1991年刊。)
『「悪霊」の謎 ― ドストエフスキー文学の深層』 (鳥影社1993年刊。)
 … 以上、清水氏の『悪霊』論三部作。小説『悪霊』の内容の深層に関する清水氏のいくたの新説が
打ち出されている。
『ドストエフスキー「罪と罰」の世界』 (創林社1986年刊。鳥影社1991年刊★。)
『ドストエフスキー「白痴」の世界』 (鳥影社1991年刊。)★ 
『ドストエフスキーの暗号 ― 作品に隠された数々の神秘的符合から浮かび上がる<予言>とは?』 (日本文芸社1994年刊)
 … 『罪と罰』『悪霊』を中心とした論。氏がこの時期まで打ち出してきた解釈や説を中心に、他に、この二作品にうかがわれる数字上の暗号の解釈、「踏み越え」という見方、『悪霊』のピョートル論、ドストエフスキーの作品にうかがわれる予言性、などを、述べ、論じている。
『宮沢賢治とドストエフスキー』 (創樹社1989年刊。)
『ドストエフスキー&宮沢賢治』(編著。星雲社20015月刊。)
〔ドストエフスキーと宮沢賢治の研究情報ミニコミ誌「Д文学通信」1000号突破記念の研究論文集。〕
『志賀直哉とドストエフスキー』(鳥影社20039月刊。)★ 
『遠藤周作とドストエフスキー ― 『沈黙』と『真昼の悪魔』を読む』(D文学研究会200410月刊。)
『ウラ読みドストエフスキー (清流出版20065月刊。上記の『ドストエフスキーの暗号』を増補・改題したもの)★ 

『ドストエフスキー狂想曲(全七冊) (編著。呼夢書房19751979年刊。)
『ドストエフスキーの作品 (T・U・V・W)(呼夢書房19821985年刊。)
『清水正・ドストエフスキー論全集』(巻1〜巻7。20073月〜2014年8月刊。)


〔 清水孝純 (たかよし)  〕
ドストエフスキー文学・小林秀雄の研究家。1930〜。《論 1 2 3 4
現在、九州大学名誉教授。 元福岡大学教授(1992)、元九州大学教授(1976)

『ドストエフスキー・ノート ― 「罪と罰」の世界』 (九州大学出版会1981年初版。)
『道化の誕生 ― ドストエフスキーを読む』 (美神館1984年初版。) … 「貧しき人々」〜「地下室の手記」の作品論。
『道化の風景 ― ドストエフスキーを読む』 (九州大学出版会1994年初版。)★ … 五大長編論。
 … 以上の二書で、清水氏は、ドストエフスキーの各小説の登場人物の言動や性格の特徴を、「道化」という清水氏独自のタームを用いて、分析している。
「光と闇の二連画 ― ゾシマ versus大審問官」〔『ドストエフスキーを読む』(佐藤泰正編。笠間書院1995年初版。)★に所収。〕
『交響する群像 ― 『カラマーゾフの兄弟』を読むT』(九州大学出版会19986月初版。)
『闇の王国・光の王国 ― 『カラマーゾフの兄弟』を読むU』(九州大学出版会19999月初版。)
『新たなる出発  『カラマーゾフの兄弟』を読む V』(九州大学出版会20016月初版。シリーズ「『カラマーゾフの兄弟』を読む」の完結編。)▲  
『白痴』を読む―ドストエフスキーとニヒリズム』(九州大学出版会20139月初版。)
 

〔 芦川進一 〕
ドストエフスキーの研究家。現在、河合塾専任講師(英語)。河合文化教育研究所研究員として、1987年以来、「ドストエフスキイ研究会」を主宰。

『ドストエフスキイと福沢諭吉 ― 隕()ちた「苦艾(にがよもぎ)」の星』 (河合文化教育研究所1997年初版。)
『ゴルゴタへの道: ドストエフスキイと十人の日本人』(新教出版社刊。201110月刊。)
 

〔 冷牟田 幸子 (ひやむた・さちこ) 〕
ロシア文学者。早稲田大学英文科卒。「ドストエーフスキイの会」会員。

『ドストエフスキー ― 無神論の克服』 (近代文芸社1988年初版。)
…  主要作品論。ドストエフスキーとロシア正教、晩年の政治思想、など。

<ドストエフスキー関係の著作の翻訳>
『ドストエフスキーの「大審問官」』(J.S.ワッサーマン編。小沼文彦との共訳。1981年ヨルダン社初版。)


〔 新城和一 (しんじょう・わいち) 〕
ドストエフスキー文学の研究家・フランス文学者。元法政大学教授。 《論 1

『ドストイェフスキイ評伝』 (洛陽社1915年初版。改訂版として、『ドストエフスキーの一生と芸術』 が、冬夏社より1921年初版。)
 …  雑誌「白樺」に連載され、大正期の文学者たちのドストエフスキー理解に影響を与えた書。
『ドストイエフスキイ―人・文学・思想』 (愛宕書房1943初版。上書の増補改訂版。)


〔 戻る 〕