主要著作・論文


〔 戻る 〕


・邦訳されている分を中心に掲載。青字の書は、重要な「ドストエフスキー」論書。
・★を後ろに付している書は、現在、市販中の本。
・「 」は、学術論文や、ある本の中の論文。
は、現在、所持の本。(は、近辺の図書館で借り出しが可能な本。)

  

< ロシア以外の諸国(欧米) 5

〔 ステイナー 〕
フランスの文芸批評家・作家・詩人。1929〜。

『トルストイかドストエフスキーか』(中川敏訳。白水社1968年初版。)
西欧の文学の影響の中で、両文豪の文学と思想の特質を、比較しつつ論じている。 
 

〔 パスカル (ピエール・パスカル) 〕
フランスのロシア史・ロシア文学の研究家。18901966。ソルボンヌ大学教授。

『ドストエフスキイ』(作家と人間叢書。川端香男里訳。ヨルダン社1975年初版。)


〔 ラヴリン 〕
『ドストエフスキー』 (ロロロ伝記叢書。平田次三郎訳。理想社1972年初版。1983年に新装版★)
評伝、主要作品論。
   

〔 ジェフリ・C.カバト 〕
アメリカの社会学者。

『イデオロギーと想像力 ― ドストエフスキーの社会像』(叢書ウニベルシタス187。小箕俊介訳。法政大学出版局1987年初版。)
ドストエフスキーの社会評論や作品に見られるロシア社会観・歴史観・世界観に関して論じた本。 
  

〔 シュアレス (アンドレ・シュアレス) 〕
フランスの詩人。

『三人 ― パスカル・イプセン・ドストエフスキー』の中の「ドストエフスキー」(1920年。宮崎嶺雄訳。山本書店1935年刊。 筑摩書房刊ドストエフスキー全集の別巻にも所収(宮崎嶺雄訳))


〔 マウリーナ 〕
ラトヴィアの女性の文筆家・翻訳家。1898〜。《論 1 2 》

『ドストエフスキー研究』 (1932年刊。)
『ドストエフスキー』(1952年刊。岡元藤則訳。紀伊国屋書店1964年初版。)


〔 アヴラーム・ヤーモリンスキー 〕
アメリカの学者。18941942

『ドストエフスキー ― その生涯と芸術』(1934年。1937年刊。改訂増補版は、1957年にロンドンで刊。) 


〔 戻る 〕