主要著作・論文

〔 戻る 〕


・邦訳されている分を中心に掲載。青字の書は、重要な「ドストエフスキー」論書。
・★を後ろに付している書は、現在、市販中の本。
・「 」は、学術論文や、ある本の中の論文。
は、現在、所持の本。(は、近辺の図書館で借り出しが可能な本。)
 

< ロシア以外の諸国(欧米) 1
 
〔 ヴォギュエ 〕
フランスの外交官。1877年以降、ロシアのフランス大使館に勤務し、滞在中、ロシア史・ロシア文学をきわめ、1883年からフランスの雑誌にロシア作家論を連載し、西欧に最初にドストエフスキーの文学を紹介した人として知られる。晩年のドストエフスキーと面識があった。 

『ロシアの小説』(1886年刊)の中のドストエフスキー紹介・ドストエフスキー論。


〔 JM・マリ 〕

イギリスの文筆家。18891957《論 1

『ドストエフスキー』(1916年刊。山室静訳・アポロン社1960年初版。山室静訳・泰流社1977年初版。1983年に泰流社より新装版★)
主要小説に関する論、など。
『魂の創造・「罪と罰」ほか』 (田中清太郎・窪田鎮夫訳。国文社1972年初版。) 


〔 EH・カー 〕
イギリスの政治学者・外交官。18921982《論 1 2 》

『ドストエフスキー』(1931年刊。筑摩叢書106。松村達雄訳。筑摩書房1968年初版。) … 評伝、主要作品論。


〔 コリン・ウィルソン 〕
イギリスの作家・文筆家。1931〜。《論 1  

『アウトサイダー』(中村保男訳。集英社文庫。1988年初版。)の中の第6章「アイデンティティーの問題」・第7章「大いなる綜合」における論。p270p357p366
ドストエフスキーの主要作品・登場人物を、「アウトサイダー」という立場から論じている。
『わが青春わが読書』(柴田元監訳。学習研究社1997年初版。)の中の「ドストエフスキー」。p278p299
 
ドストエフスキーに関する氏の近年のクールな論。


〔 リチャード・ピース 〕

イギリスのドストエフスキー研究家。

『ドストエフスキー』 (ケンブリッジ出版局1971年刊。邦訳なし。)


〔 戻る 〕