ドストエフスキーは、親族共通の姓であり、「フョードル」が名。
(
愛称として、フェーヂャ。「
ミハイロヴィチ」は、父称。)

ドストエフスキーの姓「ドストエフスキー」の由来は、ドストエフスキー家の先祖ダニール・イヴァノヴィチ・ルチーシェフが、1605年に、ピンスクの公爵よりドストエーヴォ村の一部を拝領し、それ以後、彼及び彼の子孫が、その村名「ドストエーヴォ」を借りて、姓を「ドストエフスキー」と名乗ったことによる。

http://www.coara.or.jp/~dost/BT-2.gif

































旧表記として、

ドストエーフスキイ
( 研究会「ドストエーフスキイの会」では、現在も、会名は、この表記を使っている。)

ドストエフスキイ

ドストィエフスキイ

などの表記もあり。 

http://www.coara.or.jp/~dost/BT-2.gif



































英語表記として、

Fyodor Mikhaylovich Dostoyevsky

など。

http://www.coara.or.jp/~dost/BT-2.gif