『弱い心』 について
 (他のタイトル訳「かよわい心」「弱気」)

 http://www.coara.or.jp/~dost/BT-2.gif

( これから読む人は、以下、ネタ
ばれの箇所(
の箇所)に注意!) 


     


< 概要 >

短めの中編。
ペテルブルグの役所に勤める下級官吏青年シュムコフが、上司から厚遇を受け、彼女も出来るという幸せな状態の到来に対して、身体が不自由な自分には身に余るものだと自責呵責の念にとらわれ役所の仕事にも粗相が多くなり、なんと、しまいにはとうとう発狂してしまうという話し。
その他、そうなった彼を手助けする友人
アルカージーも配されている。
末部に置かれている、アルカージーがネワ川を見て生じる幻影
「ネワの幻」でもこの中編は知られている。

《所収》
河出書房版全集(巻2「弱い心」)
筑摩版全集(巻1「弱気」)
新潮社版全集(巻2「弱い心」)
前期短篇集、
中村健之介訳(「かよわい心」)