15年3月  ひ な 祭 り  

風邪など、ひかれていませんか、

三月三日は、ひなまつり、桃の節句です、 

女の子の祭りとされるこの日にちなみ、今日は「女らしさ」について佛教の()べるところを、お話しきしょう、

『源氏物語』の時代にはすでに始まっていたとされる幼い子の「ひいなあそび」は、江戸時代半ばの

享保(きょうほ)以後、ひな(だん)もしつらえて、現在と同じような形に、(ととの)ったとされています、

いわば、幾百年の昔から、女の子の幸福を祈る親の気持ちは、その内容こそ異なれども、同じと言っていいでしょう、

昔の歌に、このような歌がありました、

『親は子といふて(たず)ねもするが 親を(たず)ねる子は(まれ)な』

親と子の相互(そうご)関係(かんけい)はいつの世も、このようなものでしょう 嘆く親もかっては子だったのです

子供の成長と共に世間の中で生じる様々な欲により、こんな未来に、将来にと、より願いは現実的に

具体性を帯びてくるでしょう、

しかし、また、親自身、その子の性格すら、不確(ふたし)かなものと思っている、幼い時分には、(すこ)やかで

「女らしい子」といった、抽象的(ちゅうしょうてき)な希望が(およ)そではないでしょうか、

 では、その 「女らしい子」とは、どんなことをいうのでしょう、

 男と比べると、体力的に弱い点が、逆に、長所になる点、やさしくて、清らかで、思いやりのある、ということで「女らしい」といわれるものでしょう、

やさしさ、清らかさ、思いやり、これらはみな同時に、お釈迦様が、私達に説き明かされた、人間の心の底にある、仏と成りうる性質、(ぶっ)(しょう)という言葉で、表現されることに気づかされます

 ひな祭りに、子供の成長を祈って、健やかに、女らしくと願うことは、清らかな清浄(しょうじょう)な仏としての性質が、世間で(よご)されるこのない智恵が、(そな)わりますようにと、祈ることと(ひと)しいのです              

同時に、御先祖があったから今日の自分がある、ことも同時に教えたいものです、父、母 お祖父さん、おばあさん、その祖父,祖母をこの世に出した、お方、連綿と続くご先祖があり、また今の自分が

子孫を作る、

 三月は 彼岸の月であります  『今日()(がん) ()(だい)の種を まく日かな』

当山では三月二十一日午前十一時より 本堂に於いて 諸霊供養のための法要 (だい)()()()法要を執行いたします、御先祖、水子様 諸霊供養のため、是非ご参拝ください受付午前十時より