タイ&エスニック料理
Madame Wong

マダムウォン
住所: 大分市府内町2-4-5若竹ビル2階
電話: 097-532-3963
営業時間: ランチタイム:11:30〜14:30
ディナータイム:17:30〜22:00
定休日: 月曜日
駐車場: なし


アジアが人気な昨今ですが、大分市にもオープンしました、エスニック料理のお店が!その名は、「マダムウォン」
以前、紹介した、アジア雑貨を扱う、「Camel on Moon」のオーナーである、高取さんご夫妻が経営する、拘りレストランなのです。
木を多く使用したインテリアは、アジアからの風が吹いてきそう。壁に描かれたイラスト(大分のアーティスト作)や竹で編まれた壁など、時間が経つのを忘れてしまう程、ゆっくり落ち着ける雰囲気となっていて、南国のオアシスみたい。。

メニューの紹介
ココナッツミルクの甘さと辛さが上手く調和した、タイ風仕込みのカレー。
スパイスの効いた、レッドカレーに、マイルドな味わいのグリーンカレー
辛さの中にも深みとコクがあり、一度食べると病み付きになりそうな、拘り派カレー。
タイ料理といえば、やっぱりこれでしょ、トムヤンクン
辛いのに、すっぱく、色んな香辛料の香りがして、一口頂くだけで体の芯からあったまる様な・・エビの出汁がよくきいているスープ。
人気メニューが一度に楽しめるコースは、グループやパーティに便利。

新鮮な魚介類と野菜たっぷりのタイ鍋
ライスペーパーにエビや春雨、大葉がくるまれた、ベトナム風、生春巻き
ピリカラソースに付けて食べるのがアジア風。
中に色々な具が詰まった、お馴染み揚げ春巻きもあります。



料理だけでなく、ドリンク類にもオーナーの拘りが見えます。
ビールはもちろん、タイ、インドネシア、シンガポールと、アジア各地の種類が揃い、また、ソフトドリンクも、トロピカルフルーツを使った、グアバジュース、お茶にしても、昆明茶という、紅茶の様な味わいの中国茶もあり、他では中々見かけないものばかり。



タイで修行をつまれたシェフによる、本格派アジア料理。「最近は日本人も辛さに強くなったから」と、市場調査を基に、料理の辛さ具合を調整し、私達の口に一番合う味にしているのだとか。辛いのが苦手な人でも、メニューには、マイルドなものも揃っているので、色々な方が楽しめそう。


「本物のアジアを大分に紹介したい」と、
アジア各国を旅して周ったオーナー、高取さんだからこそできる、
本格派アジア料理を堪能できるお店です。



*掲載商品に関するお問い合わせは直接お店へお尋ね下さい(電話番号上記参照)
また、内容は、2000年3月24日現在の情報となり、実際とは異なる事がありますのでご注意下さい

ニューコアラトップページへ (2000年3月24日 Reported by Y. Kusamoto)