大分ケーブルテレビさんの来訪

                    Reported by TOMONARI
カメラ撮影ははじまった。

カメラとライトが向けられる。 キャスターの女性の質問が繰り返される。 緊張と、ライトで汗が流れる。 その時、そばには、 ディレクター富田(大分県庁情報化推進室) が座り、指揮していた。 台本も富田氏によって作られていた。 (通称:富りん) キュー!! 富成氏の流れるような「ハイパー・ステーション」 「マルチメディア実験」の説明が始まる。 あの足の角度からして そーとー緊張している(と見た)。 笑顔があまりに素敵な キャスターのお姉さんと 仲良く話してしまう・・・・。 「栗林です!」


かわいい・・・・