●●●HYPER TOPIC●●●

【実験用サーバーの利用について】

1.9月20日より新しいメールサーバーの利用ができます。

新サーバーの特徴

※このサーバーを含む実験網からインターネット側へのメールの転送には容量制限を設けています、1メガバイトを超えるメールの転送はエラーとなります、またこのサーバー内や実験網での利用には容量制限はありません。
※通常、大容量のメールをインターネットで転送するとトラブルが生じることがあります。インターネットでやりとりできるメールは1通あたり数百キロバイト程度だとお考えください。

※パスワードの変更は専用のアプリケーションが配布されるまではできません。
当面はインターネットの汎用のメーラーをご利用ください、動画像対応のメーラーは完成次第に配布いたします。

2.マルチメディア電子会議のトライアル利用ができます

HTMLエディタの設定方法
各プラットホーム毎にトップメニューからダウンロードをします。

※ウィンドウズ95でも一応動作しますが16ビット版のNetscapeが必須です。32bit版の場合には投稿機能が適切に連動しません。

ヘルパーアプリケーションにHTMLエディタを設定します。
1)Options→General Preference  →Helpers
2)Create New Typeをクリックする
3)Mime Type →Application
 Mime Sub Type x-postget
 Launch the Applicationに
 チェックをして投稿プログラムを指定する。デフォルトだと
 c:\multi\bin\post.exe  (NECマシンだとa:\〜)
4)HTMLエディタを立ちあげ  てサーバーを設定します。
 設定→その他→投稿機能の設定
 プロキシー 使っていれば設定する
 投稿するサーバー
 www2.coara.or.jp:80
 HTMLエディタ 
 c:\multi\bin\htmledit.exe  (NECマシンだとa:\〜)
5)文書を作成して、いったん  HTML エディタを終了します。
 →HTMLエディタを起動したままだと投稿機能は働きません。
6)マルチメディア電子会議に入って、会議場で発言ボタンを押すと自動的にHTMLエディタが立ち上がります。
7)投稿をします。

3.opcs01.hyper.loops.ad.jpサーバーに共有できるFTPエリアを設けます

 これは光ファイバー実験網内からの利用のみです。

※共通のログイン名で使うエリアです、ログイン名とパスワードを公開しますので、誰でもデータの変更や削除などができます。そうした制限を理解して節度ある利用をお願いします。

 FTPサーバーの利用方法や個別のユーザーエリアの設定などについてはハイパーネットワーク社会研究所(hyper@fat.coara.or.jp)までご相談ください。