定例記者会見

日時:平成15年4月1日(火)午後1時30分

場所:第一応接室


 4月になり新年度になりましたので、本年度の第一回目の記者会見をさせていただきます。
 例年ですと4月に新しい機構、新しい人事が行われて年度が始まるわけですが、今年は4年に1度の選挙でございますので、選挙後の新しい知事による新しい機構、新しい人事ということになりますので、今回は4月1日に発足する組織、例えば「大分県消費生活・男女共同参画プラザ」の所長人事のように、今すぐ発足しなければならない組織の人事、また3月末で退職をされました部次長級、課長級、また外郭団体、例えば文化振興財団の専務理事でございますとか、そういった人たちの暫定的な補充人事を行い、本日辞令を交付したわけであります。
 従いまして、新年度に望む知事の考えの表明というのは選挙後に新しい知事が行うことになりますので、皆さんも知事選挙でいろいろお忙しい最中ですから、私から特に特ダネはございません。今日は4月にある行事を3つだけお知らせしておきます。
 
■『大分県消費生活・男女共同参画プラザ』と『大分県衛生環境研究センター』がオープン
 一つは、今申し上げましたとおり、県内初のPFI方式で整備を進めてまいりました『大分県消費生活・男女共同参画プラザ』、愛称『アイネス』が今日発足しました。
 鉄骨造り5階建ての「NS大分ビル」の1階と2階に入居するという形になっております。1階には消費生活及び男女共同参画に関する書籍、ビデオ等を備えた「展示情報コーナー」、県民の皆さんからの相談を受ける「相談室」、2階には「会議室」やパソコンを備えた「OA研修室」などを備えております。
 この消費生活・男女共同参画プラザでは消費生活センターと女性会館の機能が一つになるわけですから、これの運営を担当する所長には次長クラスの女性職員を配置するということで、井上青少年・男女共同参画課長を本日次長級に昇任させ、所長に発令いたしました。
 開所記念式典並びに記念講演会は4月14日(月)に開催することにしております。

 もう一つは、先般3月の記者会見でも申し上げました「大分県衛生環境研究センター」ですが、施設が老朽化しておりました。またダイオキシンをはじめとする環境ホルモンの問題等、複雑、多様化した今日の環境問題等に対処するため、新築移転し、試験機器や測定機器も充実しまして、これも本日開所しました。落成式は4月22日(火)に行うことにいたしております。
 環境立県をめざし、本県における環境及び保健衛生分野の中核施設として、これからいろいろな調査研究・試験研究を行うため、新たな施設で本日業務を開始いたしたわけであります。

 
■『豊の国ネットワークラーニングセンター』が開所
 現在ITネットワークやコンテンツ制作の技術者が非常に不足しております。こういった技術者を養成する機関として、デジタルバンク株式会社とアソシエント・テクノロジー株式会社という民間の会社が共同して、ソフトパークの中に「豊の国ネットワークラーニングセンター」を設置し、運営します。
 「ラーン(learn)」は「学ぶ」ということで、センターではネットワーク技術の研修やアプリケーション開発言語「ジャバ(java)」の講習、OAの研修等を行い、本県のIT関係の人材を養成します。
 これは4月10日(木)に開設することになっておりますので、お知らせいたします。
 
■第5回別府アルゲリッチ音楽祭
 最後に「別府アルゲリッチ音楽祭」が、5月1日(木)から開催されます。
 アルゲリッチ音楽祭は、別府という名前が付いておりますように別府市のビーコンプラザを主会場に大分市のオアシスひろばでも行っておりますが、今回は別府、大分だけでなく、第5回ということで、5月9日(金)から東京のサントリーホールと東京芸大の奏楽堂でも特別公演を行います。
 別府でこのようなアルゲリッチ音楽祭をやっているんだということを東京の方々に知っていただくことは、首都圏の人だけでなく、全国・世界に情報発信することになります。
 そういうことで今回はアルゲリッチ音楽祭を首都圏の人にも直に聞いてもらうことにしておりますので、お知らせしておきます。
 
 
※知事発言内容については、単純ミスと思われる字句、重複した言葉づかい等を整理のうえ、作成しています。
[記録作成:企画文化部広報広聴課]

【もどる】