あなたと探る地域の近未来
 
 いま、国と地方の関係が大きく変わろうとしています。上下から対等へ、集権から分権へ。私たちは戻ることのない大きな転換期を迎えています。
 21世紀へ向かってようやく本物の住民自治が始まる訳ですが、分権の形から受け皿、担い手まで、どうするのか。すべて、住民の判断や選択にかかってきます。一方 、これまでの中央集権のツケとして地方には依存体質がどっぷりと根を下ろしています。高齢化・過疎化・少子化という難題に直面している地域もあちこちにあります。
-「ひらまつもりひこの分権文化論」が
 一冊の本になりました。-
『地方からの変革 地域力と人間力−グローカルという発想』(角川書店)
  *全国の書店で発売中です。
  私たちにとっては、なんだか、まだ UFOのような地方分権。地域にどんな気風、文化がはぐくまれれば私たち 自身が地域の主役になり、自分たちの意志で個性豊かな暮らしやすいマチやムラをつくっていけるのでしょうか。
  大分県の平松守彦知事は地方分権論者として知られています。有名な「一村一品」運動も本質は「一村一文化」運動であり、「よき文化なくして分権なし」が平松知事の持論です。現実を直視しながら地域の近未来を探る知事に、5月から毎月1回、第3金 曜日に「分権文化論」のタイトルで執筆を依頼しました。
  この「分権文化論 」へは皆さんから意見を募ります。提言から反論まで何でもかまいません。知事を囲んで紙上に車座を作り、あれこれ議論してみようという新しい試みです。ご期待ください。

読売新聞'99/05/07より
  

最新号  第35話 星座型思考 ('02/3/15)


第34話 新地域主義の提唱(下) ('02/2/22) 第33話 新地域主義の提唱(上) ('02/1/25)
第32話 音楽風土考  ('01/12/21) 第31話 中世・田染荘から ('01/11/16)
第30話 バーチャルな国家 ('01/10/19)

第29話 県民性が地域を変える ('01/9/21)

第28話 龍渓の思想と行動('01/8/17) 第27話 竹の共通性('01/7/27)
第26話 石橋考 ('01/6/15) 第25話 続・合併の道標 ('01/5/25)
第24話 豊後水道の春ー海が結ぶ「津々浦々」連合ー ('01/4/20) 第23話 大 蔵 永 常 の 奇 想 −国産の基をおこさんとならば− ('01/3/16)
第22話  カボチャの国  風土に生まれた産品の見直しを('01/2/16) 第21話  アジアの世紀とW杯--サッカーは地域を結ぶ--('01/1/19)
第20話  合併の道標〜目指したい「地域の自立」('00/12/15) 第19話  「ルイス・デ・アルメイダの 情熱」('00/11/17)
第18話  「一村一宝」の心('00/10/20) 第17話  松浦武史郎の地図('00/09/22)
第16話  もう一つのサミット('00/08/18) 第15話 九州は幾つ?('00/07/21)
第14話 埋もれた先哲('00/06/16) 第13話 脱UFO説('00/05/19)
第12話 関あじ・関さば物語('00/04/21) 第11話 心の県境('00/03/17)
第10話 「地域力」と「東京力」('00/02/18) 第9話 緑の大聖年('00/01/21)
第8話 フランシスコ宗麟の夢('99/12/16) 第7話 山村地域考('99/11/19)
第6話 ローカル外交のすすめ('99/10/15) 第5話 横並びの思想('99/09/17)
第4話 弥生子の望郷('99/08/21) 第3話 諭吉の発想('99/07/16)
第2話 日田盆地の世界('99/06/18) 第1話 ペトロ・岐部・カスイ('99/05/21)