21世紀の地域づくりの提言

   別府湾岸に21世紀の新産業構造ビジョンを持とう

                 平成5年4月                        大分経済同友会別府湾みらい21委員会
    (要旨)   

別府湾岸に21世紀の新産業構造ビジョンを持とう。 

  そのために、 1)長期GDPの内容構成のグランドデザインづくりを、 2)特に、新産業として自動車産業、リゾート&リサーチ産業、港湾流通産等を   取り込むことを、 3)既存産業はそれらを意識した取り組みを、 4)新産都開発局に変わるものとして、広域的/統合的行政を指向する別府湾岸   振興局の創設を、 5)広域を支える道路インフラ、情報インフラづくりに惜しみない努力を、   期待したい。
はじめに  大分経済同友会は、バランスの取れた生活大県づくりを目指しており、その一  環として、別府湾岸に21世紀の新産業構造ビジョンをつくり、その実現に県  民一致して邁進することを提言する。  大分市周辺は、今、大分駅高架や、県病跡地などを利用した大型文化施設、中  心部商店街活性化のための大駐車場、総合運動公園、さらにはウォータフロン  ト開発など、様々な大型施設の建設が言われているが、それらの施設は大型で  あるがゆえに「ハードウェアづくり」のイメージが伴いがちである。それらは  個々には生活大県づくりの重要なステップであるが、互いが個性豊かにネット  ワークされることが一層の効果を産み出す、ということは言うまでもないこ  とであって、そのためには、ハードウェアづくりの目的である「住みたくなる  大分づくり」「若い人達が集まり住んでいる大分」を、もう一つ掘り下げた  「働く場としての大分づくり」、さらには「若い人達が働きたくなる魅力ある  地域づくり」、そして、「魅力ある産業構造を持つ大分づくり」こそ第一義の  目的である点を再認識する必要があるだろう。  さらに、周辺県に埋没しない地域特性を活かした、人を引き付ける産業構造が  都市のソフトウェアであることを踏まえ、そのソフトウェアにあった都市ハー  ドウェアづくりを行うことが個々のハードに個性を持たせ有機的にネットワー  クさせることになる、と、考えられるであろう。

1、産業の波 2、Xポイントの戦略 3、広域的発想の地域造り施設を提言する