コアラシネマ
シネマ予告編 シネ・リーブル博多駅1・2 大分のシネマ 掲示板
シネマコラム シアターサイト リンク
シネマコラム
 フェイク シティ ある男のルール
   
 
 最近楽しみなのは、WOWWOWで放送されている「プロジェクト・ランウェイ4/NYデザイナーズバトル #11」。モデルのハイジ・クラムが司会してて、全米各地から選りすぐりの我こそはナンバーワン!っていう個性的なキャラクターのデザイナーたちがトップを目指して戦うっていう内容。いつもながらすごいキャラのデザイナーがたくさんいて、個性あふれるデザインの洋服も魅力的なのです!

 汚職警官のお話で、キアヌ・リーブスが骨太で寡黙な警察官を演じております。汚職警官といえば、アメリカドラマ「ザ・シールド」。暴力と金で、多少の無茶もやる、こんな汚職警官、本当にいそうだ。この映画もシールドっぽい。汚職は汚職なんだけど、正義にのっとった?暴力警官。うーん、本当のところ、こういう警官っているんだろうな…。

ロサンゼルス市警のトム・ラドロー刑事(キアヌ・リーヴス)は、正義のためなら少々手を汚して犯人を逮捕していた。例えば丸腰の凶悪犯を銃で撃ち、撃ち合いで死んだ風に装ったりとか。しかしかついての相棒が目の前で殺され、その理由を調べてるうちに、警官内部にうずまく大きな暗闇を見ることになる。 キアヌはこういう渋くてクールな役が似合うね。骨太ってところがいいのだ。

しかしまあ先の読める展開ではあるんで、そう目新しいって映画じゃないけど、それなりにドキドキしたな。サスペンスチックな警官物が好きな人にはおすすめです。

   
天神コアラ 大分コアラ