コアラシネマ
シネマ予告編 シネ・リーブル博多駅1・2 大分のシネマ 掲示板
シネマコラム シアターサイト リンク
シネマコラム
 大停電の夜に
   
 
 かなり涼しくなってきた今日この頃。今年初の鍋をしました〜。節約のために、白菜の代わりにキャベツを使用。歯応えは劣りますが、意外とイケますよ〜!鍋って心も体も温かくなれるから大好き♪


 今回は「大停電の夜に」という作品をご紹介。監督が「東京タワー」の源考志さんだと知り、見てみたいな〜と思いまして…。「東京タワー」は、内容はともかく映像がすごくキレイで、素敵だなぁって思っていたので。今回も期待通り、映像が美しかった!視覚的に魅力的な映画って、ストーリーの良し悪しに関係なく、ついつい引き込まれてしまいますよね〜。(中身も面白かったんですけどね。)

 クリスマスイブの夜、不倫関係を清算し、泣きながらホテルのエレベーターに乗り込む美寿々。エレベーターボーイをしている中国人研修生が彼女の顔を心配そうに覗き込んだその時、東京中のイルミネーションが消えはじめ、エレベーターも急停止してしまった。ちょうど同じ頃、自分の経営するジャズバーで、木戸はず〜っと想い続けてきた彼女を待っていた。今の家庭を捨てて、自分の元に戻って来てくれるのではないかと信じて…。

 どういう内容なのか説明するのがこれほど難しい作品も、そうないと思います。12人の登場人物が、それぞれに色んな過去を抱えていて、悩んだり傷付いたりしながら今を生きていて、未来に対する選択を余儀なくされていて…。しかも、知らず知らずのうちに12人全員が実は密接に絡み合っていて…。この人とこの人がこうで…と判明する過程が面白く、よく出来てるな〜と本当に感心しました。

 誰にでも与えられている道はたくさんある訳で、そのどれを選択するかは自分次第なんですよね。こしている今も、私の前には色んな道が広がっているんだと思うし。あの時こっちに進んでいたら…と思う事は誰でもあるだろうけど、後悔する事で人はまた大きくなれるのカモなぁ。

 暗闇って、何となく人の心を落ち着かせもするし、オープンにもする力があるように思います。部屋を真っ暗にして、プチ停電を味わいながら見たら、より一層感情移入出来るのでは!?

   
天神コアラ 大分コアラ