コアラシネマ
シネマ予告編 シネ・リーブル博多駅1・2 大分のシネマ 掲示板
シネマコラム シアターサイト リンク
シネマコラム
 パフューム ある人殺しの物語
   
 
 最近見た、「ホリディ」の映画で、ジュード・ロウにメロメロになったうちのダンナ…。メロメロになる人が違うんじゃないの??ケイト・ウィンスレットがカワイイとか言うならわかるけど…。ちょっと複雑な嫁心なのでした。

 衝撃の結末!っていうふれこみで、結構宣伝していた「パフューム ある人殺しの物語」。こういうダークな感じの映画は好きなんで、楽しめましたよ〜。

当時世界一臭かったフランス・パリ。だって、みんな下水(う○こやお○っこ)を道端に捨ててたんだから、そりゃあ臭くなるわな。現在のあの美しいパリでは想像もできないですね。

で、 パリの貧困層で生まれた、どんな臭いも嗅ぎ分ける天才的な鼻をもつ主人公・グルヌイユ。
彼はすごい!超人的な鼻の持ち主で、においにかなり執着心があるので、周りのみんなにうとまれ気味。いたずらで、背中に投げられたオレンジを、においで察知してよけれるくらいすごいのだ!

彼は大人になるとますますにおいに関心をもつことに。においに怖いくらい執着するグルヌイユをベン・ウィショーが熱演です。コワイ、とってもコワイ!夜会いたくない男性です。

ある日かぐわしい少女のにおいを見つけ、恍惚とする。それから彼は更に香りに目覚めるんですね!万人が好む究極の香りが作りたい!!と。しかしそれは恐ろしい連続殺人の始まりでもあったわけです。

くさそ〜うなパリと、グルヌイユが少女の香りを辿っていく映像の見せ方なんかが面白かった。しかしまあ香りっていうけど、結構グロいところなどもあるので、嫌いな人は嫌いかも。ワタシもつわり真っ最中だったら、生臭そうで見れない映画だったな〜。

そう、この映画の雰囲気は生臭さ!!それに勝るものはないんですね。映画なんでにおいないはずなんだけど、生臭〜い感じが伝わってくる。うん、よくできた映画!

いや〜本当にラストは驚愕ですよ〜!ええええ〜〜〜ありえん〜。って感じで。究極の香り、におってみたいものですな!

   
天神コアラ 大分コアラ