コアラシネマ
シネマ予告編 シネ・リーブル博多駅1・2 大分のシネマ 掲示板
シネマコラム シアターサイト リンク
シネマコラム
 イン・ハー・シューズ
   
 
 最近はアカデミー賞なんかで、日本人の俳優がノミネートされることも多くなってきましたね!同じ日本人としてとてもうれしいですね〜。菊地凛子さんも受賞されるといいですね!「バベル」も見てみたいな〜。

 イン・ハー・シューズというくらいだから、女性なら一度ははいてみたい美しい靴がでてきます。一生に一度はジミー チュウのサンダル(10万ほどします)など、履いてみたいものですな〜。

堅実でまじめな弁護士の姉ローズと自由奔放な妹マギー。妹をキャメロン・ディアスが演じているんですが、奔放さ加減があっててかわいくってよかったな〜。パンツにTシャツで姉の部屋をウロウロするシーンや水着のシーンもありますが、いい体してんな〜と親父目線で思わず見てしまいますね〜。えへ。

正反対の性格の姉妹の葛藤があり、いろいろあってケンカ別れしちゃうんだけど、最後はもちろんハッピーエンド。私は兄しか兄妹がいないので、こんな姉がいたらいいよね〜なんて思いながら見てました

兄や姉ってやっぱり小さいころから、「お姉ちゃんでしょ!お姉ちゃんなんだから!」と親から叱責され、結構我慢していることってあるんだろうな〜。末っ子の私はその気持ちはわからないけど、確かに兄は寛大だ。この映画の姉・ローズだってすごくやさしい目線で妹を見ている。ヒドイこと、マギーがしちゃうんだけど、最後は結局許しちゃう。大きな家族愛だよね。

最近家族が家族を傷つけたり、殺してしまったりする事件もおおいけど、本当は家族ってあったかくて居心地のいいところなのに、どこをどう間違ってしまったんでしょうか…。

この映画みたら、最近あってない兄妹に思いを馳せたりしちゃってみたりしてください。キャメロンのプリップリのおしりもいいけど、もっとほんわかした気分になるえいがですよ〜。

   
天神コアラ 大分コアラ