コアラシネマ
シネマ予告編 シネ・リーブル博多駅1・2 大分のシネマ 掲示板
シネマコラム シアターサイト リンク
シネマコラム
 プラダを着た悪魔
   
 
 いや〜だんだん寒くなってきましたね!ワタシの大嫌いな季節になってきました。冷え性なんで、つらいんです、この時期…。しかし寒いが最近本当に面白そうな映画が多いので、今日は「セレブの種」をKBCシネマに見に行きます。スパイク・リー監督の映画なのに、1週間しか上映されない…。予告編で大体ストーリーはつかめるけど、ステキそうな映画なのにな〜。来週感想をアップしますわ。

お洒落さん必見の映画、「プラダを着た悪魔」。そりゃあもうステキなお洋服や靴やバッグがあふれてて、見てて楽しくなる映画です。

プリティプリンセスの主役らしい、アン・ハサウェイならではのはまり役ですね。何もないとこから、努力をして幸せを掴むってお話で。

ジャーナリストを目指すアンディが、何を間違ってか、一流ファッション誌「RUNWAY」のカリスマ編集長ミランダ・プリーストリーのアシスタントになった。アンディは、この一流雑誌で経験を積んで、自分の進みたい道にステップアップする予定のようだ。が!このカリスマ編集長ミランダ、いうことなすことハチャメチャで、早朝から深夜までミランダの用事をこなさなければならない。更にアンディのファッションセンスのなさを酷評したりと、アンディはめげそうになるが、「RUNWAY」の倉庫に眠るブランド品の数々を着こなすことで(もちろん同僚の助けあり)カリスマ編集長に挑んでいくが…。

ださい服(といってもアン・ハサウェイが着ているのでカワイイけど)から華麗なファッションを見にまとい、颯爽と歩くアンディはとってもカッコいい!変わっていくアンディと服を見ているだけで、ワクワクします。最初は「DOLCE&GABBANA」のつづりもわからなかったアンディだけど、立派にミランダのアシスタントが出来るようになってちょっとミランダも見直します。しかしあまりのハードな仕事に、約束をすっぽかして、彼からも友達からも愛想を尽かされるようになるんですね

難しいよね〜、仕事とプライベートの両立。命一杯仕事していると、それだけプライベートが犠牲になるわけで。でも中途半端なこともしたいくないから仕事もしっかりしたいわけで…。というアンディの気持ちもよくわかる。頑張れ〜と思わずにはいられません。

アンディ役のアン・ハサウェイもよかったのですが、ミランダ役のメリル・ストリープもとってもよかった。トーンを落としたボソボソとした話し方、キチンとセットされているプラチナブロンドのヘア、カリスマの香りがプンプンとする威厳高い編集長をかっこよく演じています。時々みせる働く女性の哀愁なんかもいい感じでした。

キラキラとしたファッション業界、働くことの厳しさ、女性だけでなく、男性も楽しめる映画です。この映画を見に行くときは、少しお洒落して、高いヒールの靴なんか履いて見に行くいいかも。映画館を出るときは、アンディみたいに颯爽と歩きたくなりますよ〜。


   
天神コアラ 大分コアラ