コアラシネマ
シネマ予告編 シネ・リーブル博多駅1・2 大分のシネマ 掲示板
シネマコラム シアターサイト リンク
シネマコラム
 
 ファイヤーウォール
   
 
 最近の映画で特に印象のある「ブロークバックマウンテン」。梅野さんも先週見たらしいんだけど、すごく感動したって。あれが真実の愛よね!!といってました。
客層がね、中年のおやじが一人で見ているというのがたくさんいたんだって。どういった心境で見ているんだろう…。ちなみに若い男性には不評。すごく気持ち悪いそうだ。そんなことないのにねー

 もう63歳ですか…ハリソン・フォード。いやー頑張ってるね。63歳ってもうおじいちゃんだけど、頑張って撮影したと思います。年齢を知って見てしまうと、子役の男の子はずいぶん遅くにできたお子さんなのね、とか、奥さんはいくつなんだろう、とか、この会社って定年が65歳なのかなーとか、余計なことを考えてしまいます。(私だけ?)

シアトルの銀行で、コンピューター・セキュリティのスペシャリストとして働くジャック(ハリソン・フォード)。ある日、銀行の資産を狙う強盗グループが自宅に押し入られ、家族を人質にとられてしまう。犯人の目的は、ジャック自身に自ら構築した盗難防止システムへ侵入させ、多額の電子マネーを奪うこと。愛する妻と子供たちは自宅に監禁され、監視下に置かれている。ジャックは完璧に作られたシステムへ入り込む方法を探し出すとともに、犯人たちの隙を見て家族を助け出そうとするが…。

特に大きな盛り上がりもなく、たんたんと進んでいきます。よくある話のパターンやね。妻子が人質にとられた!お父さん頑張るみたいな。面白くないわけじゃないけど、お金払って大画面で見るほどじゃないなーと。

そうそう米ドラマ「24」でも活躍しているクロエ役のマリー=リン・ラジスカブはまたいい感じ。主人公もジャックと同じ名前だからやりやすかったのか?また主人公をあれこれ助ける役です。でも本当米の映画やドラマの主人公はジャックが多いよね〜。日本の太朗みたいなもんかな?

   
天神コアラ 大分コアラ