コアラシネマ
シネマ予告編 シネ・リーブル博多駅1・2 大分のシネマ 掲示板
シネマコラム シアターサイト リンク
シネマコラム
 
 Ring Two

 
あのアメリカ版「リング」の続編「Ring Two」が公開された。監督に元祖日本版オリジナルシリーズでメガホンをとった中田秀夫。主演に前作に引き続き、ナオミ・ワッツ。

日本ホラー映画のリメイクがちょっとしたブームなハリウッドではあるが、すでに「JUON」で大ヒットを記録した清水崇監督がいるので、中田秀夫監督はかなりのプレッシャーだったに違いない。日本人監督がハリウッドでメガホンをとり、ハリウッドの俳優を使って映画を成功させてしまうという新しい方程式が出来上がりつつある事は、日本映画史上でも快挙であるし、喜ばしいことである。

個人的はハリウッド版「Ring」の方が好きなので、今回の「Ring Two」は、中田監督の「リング2」の色が濃く反映された内容になっていると感じた。リメイクのリメイクだから、必然的にオリジナル性が欠けているのは仕方がないにしても、もう少し斬新な内容にしてもよかったような気がする。日本の「リング2」を見た人は、新鮮味がないかもしれない。

ハリウッド版「Ring」の方が子役の使い方がうまいし、今回は子役の演出がいただけない。日本人監督とコミュニケーションするのが難しかったのか、子役の演技が妙に硬いのが気になった。一見すると「ポルターガイスト」のようなシーンがあるが、あくまで中田監督は「中田流」を貫いて、「俺のリングを見せてやる!」という意気込みだけは伝わってくる作品であった。

最後に、サマラ(貞子)の動きがリアルだったのはさすがSFXの最先端ハリウッドの技術のおかげ?!だと思った。

今回の評価100点満点中、50点
(個性的なロボットたちの金属感に注目です。)

藤本さんのホームページへ
   
天神コアラ 大分コアラ