シネマ予告編 シネテリエ天神 大分のシネマ 掲示板
シネマコラム シアターサイト リンク
シネマコラム
 
 ロッカーズ

 陣内孝則がいずれ映画にしたいと思いつつ書いたバンド時代の自伝『アメイジング・グレース』が原作の映画。監督も陣内孝則。そして主演が中村俊介。サントラ盤はRock'n'RollGypsiesとくれば、そりゃー「めんたいROCK好き」としては期待します。しかし、その一方で、数年前の武田鉄矢が主演の博多ムービー『ちんちろまい』が「う〜む....」な出来だったことを思うと(冒頭のミュージカル仕立てのところは面白いんだけど、それだけ。ってのが、あまりにも辛い。)ものすごーく心配でした。でも、さすが、かつてバンドマンでもあり俳優でもある人が監督しただけあって、ツボを押さえたサービス精神たっぷりの映画になっていてホッ。涙あり人情話あり笑いあり、んでもって青春映画、しかも音楽カッコイイ!という映画。これって娯楽映画の王道やん! Liveシーンの迫力も疾走感も素晴らしかったです。俳優さんたち、かなり楽器の演奏を練習したんだろうなーというのが伺えました。みんな、すごい決まってたもん!(タニ役の玉木宏くんはギターぜんぜん出来なかったのに猛特訓したらしいです。) そしてゲストも豪華で、キョンキョンのボンテージ・ルックがカッコ良かったっす! 私としては大杉蓮さんに大ウケでした。大杉蓮さんのフォークソングまで聴けるとは思ってなかった!(笑)陣内さんが居たバンド「TH eROCKERS」は当時の陣内さんのメイクした顔のみ、うっすらと記憶にある程度の私なのですが(残念ながら歌は覚えてない。スンマセン。)中村俊介、かなり似てました! で、亡くなったバンドのメンバーに捧げた自伝が原作だからして、当然、タニ役の人が亡くなるのは分かっているんだけど、それでもラストは泣いてしまった。この終わり方も、くどくなくて(だから余計にグッときた)私は好きでしたねぇ。それにしても、ライバル・バンドは原作では誰だったのか、それとも、これは映画化にあたっての話なのか。そんなこんなが気になるので、原作の陣内さんの本、今更ながら買おうかなぁと思う私。(これってまさに思うツボな客?!)


 ところで、この映画を見ると、つくづく、伝説のライブハウスだった「80's ファクトリー」に行ったことなかったのが悔やまれます。その頃は、私にとってライブハウスってのは、とっても敷居が高いところで(っていうか不良っぽい人たちが集まっているところという雰囲気むんむんで)行ききらんかったんですよね。あああ、無念。(小倉の「IN AND OUT」「BOX」「ABEBE」とかは、おそるおそる行っていたのですが。それは、もう少し後になるんだっけ?! プロになる直前のチェッカーズを2,3回見たのでした)  さて福岡では現地ロケがあったことだし、あちこちでかなり宣伝があっているしで盛り上がっているのですが、全国的には、どうなんですかねぇ。私、この映画が”内輪ウケ”(福岡だけでウケたり、めんたいROCKファンだけにウケたり)に終わるのが一番怖いです。台詞がほとんどコテコテの博多弁ってのも、「これ、全国の人に通じるのか?! 字幕スーパーは必要ないか?!(これはもちろん冗談!)」とか思うし。でもストーリー自体は、かなり万人向けの娯楽映画って感じになっている(ここまで”笑い”に走らなくともという気もするくらい)し、旬の俳優勢揃いなので、どうか、全国的にドカンとヒットして欲しいです。

 今日は「日本一早い試写会」ってことで、陣内孝則、中村俊介、玉木宏の舞台挨拶がありました。陣内さん曰く「この映画は『踊る大捜査線』と『千と千尋の神かくし』を足したような映画です」とか、相変わらずワケわかんないハッタリかましてましたね。でも全般的に、いつものTVとかで見る陣内さんよりは緊張しているように見えました。やっぱ、まずは地元・博多でどれくらいウケるかというので、ドキドキだったでしょうね。でも場内、笑いが起こったりしてたし、エンディングでは、どこからともなく拍手が起こっていたので、やっぱ地元の人ってあたたかいっすねーと思った私。(いや、もちろん、それだけイイ映画だった。私も涙ぐんでしまったし。)そして、黄色い声援が一番飛んでいたのは玉木宏くんでした。カッコいいもんね。私も目がハートになってました、多分。福岡での公開は9/20からとのこと。(これも全国に先駆けて)
サントラ盤、かなり豪華。私は買います!

ミーハー通信へ
   
天神コアラ 大分コアラ