5歳の子がいますが便秘症です。1週間ほど便をしていない時があります。食事は野菜をなるべく用意するようにしているのですがあまりかわりません。将来大腸がんになりやすいと病院でききましたので、子供の便秘をなおす方法を教えてください。

便秘は便が長期間出ないでおなかにたまっているために、おなかが張る、おなかが痛い、かなりいきまないと便が出ない、などおなかに関連した症状が出る状態を言います。しかし、1週間便がまったく出なければそれだけで便秘と言ってよいでしょう。
 便秘の治療としては以下のようなものがあります。

食事:

・繊維質のものを多く取る。イモ、根菜、豆類、海草類など。サツマイモは特によい。(葉物はサラダなど生ではなかなか量が取れない)。

・水分を多く取る。

・ヨーグルト、かんきつ類など酸味があるものを取る(腸を刺激してよく動かす)。プルーンも便秘にはよい。

生活:

・3度の食事を決まった時間に取り、間食も時間や量を決めて与える。おやつなどをだらだら食べると、腸の動きにもメリハリがなくなる。

・朝食をしっかり取る。朝起きたあと胃に食べ物が入ると腸が反射的に動き出すので、便が出やすくなる。

・少し早起きし、すぐに冷たい水か牛乳を飲む。さらにその後に体操など体を動かす。体が目を覚まし、腸も動きやすくなる。朝食も食べやすくなる。

・朝食後にトイレに座る習慣を付ける。最初は出なくても座るようにする。幼稚園に行く前に朝食を食べてトイレにゆっくり座るにはある程度早起きする必要がある。

 これらを実行してみても便秘が治らないときは、一度病院で相談してみて下さい。おなかのレントゲンを撮ると、便をした後でも腸の中に便がいっぱいたまっていることがあります。このようなときは、何回か浣腸を繰り返したり、効果の緩やかな下剤を使ったりしてたまった便を出し切ってあげると、その後はスムーズに便が出るようになることもあります。浣腸や下剤がクセになるのでは、と心配する方もいますが、普通はそんなことはまずありません

 便秘と大腸ガンの関係については、便秘の硬い便が腸の内側をこすって刺激しながら通ることで大腸ガンができやすくなると言われています。年齢的には便秘だからといって大腸ガンになることはないと思いますが、上に挙げたような食事や生活を小さい頃から身につけておけば、将来便秘にはなりにくくなると思います。

                      徳永洋一 


*このページで掲載している内容については、一般的なことをお答えしております、具体的な事柄の判断や決定にあたっては、かかりつけ医等に相談して下さい

徳永せんせいへの質問を受け付けています。
 お子様の年齢と質問したい内容を具体的に記入して、電子メールにてお送りください。
 送られてきたメールから、毎月4つの質問を選んで、Q&A形式でこのページへお答えを掲載
 いたします。(お答えできるメールは4つのみとなります)
 【 送り先電子メールbabyroom@elf.coara.or.jp 】

過去のQ&Aへ

 

トップへ