11か月の女の子です。アレルギーの咳、鼻水があると言われており、皮膚も乾燥気味です。5か月時のアレルギー検査では、非特異的
IgEが10(IU/ml)、卵白のRASTスコアが0.86
(UA/ml)でクラス2と言われました。卵ボーロやプリンを食べても、湿疹や発疹が出たことはありません。現在、ザジテン、アリメジンを一日2回飲んでいます。どのぐらい薬を飲めば治るものなのでしょうか?また、麻疹の予防接種の前に再検査するということなのですが、
打てない場合はどうなるのでしょうか。。

 

 

ザジテンは喘息、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎などに使われる抗アレルギー剤、アリメジンは風邪や鼻炎のクシャミ・鼻水や皮膚のかゆみを抑える抗ヒスタミン剤という種類の薬です。

ご質問の方は、咳、鼻水がアレルギーによるものと考えられており、皮膚症状もあるためにこれらの薬が処方されているのだと思います。アレルギー体質はあるのかも知れませんが、卵を含んだ食品を食べてアレルギー症状(湿疹、発疹の出現、咳、鼻水の悪化、喘息発作など)が出たことはないようなので、食物アレルギー(卵アレルギー)とは言えません。5か月時のアレルギー検査は、この時点で非常に高い値が出れば意味がありますが、卵白RASTスコアの上昇もごく軽度で、非特異的IgEは低い値なので、「今後、卵の摂取でアレルギー症状が出てこないか注意しながら様子を見る」という程度の意味でとらえておけばよいと思います。

抗アレルギー剤は、「体質改善の薬」というような説明で出されることもあるのですが、アレルギー体質は内服薬によって変わるわけではありません。アレルギーに対する治療は、「治す」というよりも「体が強く
なって症状が軽くなるまで症状を抑えておく」というイメージの方が正しいと思います。ですから、症状が強い方は内服期間が長くなり、症状が軽い方は短期間の内服で済むこともあります。

麻疹の予防接種については、血液の再検査で仮に高い数値が出ても、ほとんどの場合は「注意しながら接種する」ことできます。

卵アレルギーと麻疹予防接種の関連については、

麻疹ワクチンと卵アレルギー
http://www.coara.or.jp/baby/dr/1999/49.html

をご一読下さい。

徳永洋一 


*このページで掲載している内容については、一般的なことをお答えしております、具体的な事柄の判断や決定にあたっては、かかりつけ医等に相談して下さい

徳永せんせいへの質問を受け付けています。
 お子様の年齢と質問したい内容を具体的に記入して、電子メールにてお送りください。
 送られてきたメールから、毎月4つの質問を選んで、Q&A形式でこのページへお答えを掲載
 いたします。(お答えできるメールは4つのみとなります)
 【 送り先電子メールbabyroom@elf.coara.or.jp 】

過去のQ&Aへ