妹が妊娠中なのですが、子供のお友達がみずぼうそうで、知らなくて遊びに来ました。妹自身、小さい頃に水ぼうそうにかかっています。一度かかっていれば、大丈夫。と書かれてありますが、100%大丈夫なのでしょうか??

 

 水痘(水ぼうそう)は、一般的には一度かかると「終生免疫」がつき、二度とかからないと言われています。高齢者では以前かかっていてもう一度水ぼうそうにかかった症例が報告されていますが、若い人では非常にまれと考えてもらってよいと思います。
ただし、「小さい頃かかったという事が確実か」ということには気をつけなければなりません。水痘と間違えられる疾患として、手足口病、ヘルペス、伝染性 膿痂疹(とびひ)など水疱ができる疾患があります。
また、水痘などの既往は多くの場合母親の記憶に頼るため、兄弟が多い場合には他の兄弟と勘違いしているなど不確実な事がけっこうあり、注意が必要です。

妊娠中の水痘感染については、感染の時期により胎児への影響が違います。

妊娠中の水疱瘡
http://www.coara.or.jp/baby/dr/1999/19.html

をご一読ください。

一番問題になるのは出産直前から直後(出産4日前から出産2日後以内)に母親が水痘を発症した場合ですので、妊婦さんの水痘の既往が不確実で、発症時期 (水痘のお子さんとの接触から14日)が妊娠満期(37週以上)と重なっている場合は、対応について産科医と相談しておいた方がよいと思います。

                       徳永洋一 


*このページで掲載している内容については、一般的なことをお答えしております、具体的な事柄の判断や決定にあたっては、かかりつけ医等に相談して下さい

徳永せんせいへの質問を受け付けています。
 お子様の年齢と質問したい内容を具体的に記入して、電子メールにてお送りください。
 送られてきたメールから、毎月4つの質問を選んで、Q&A形式でこのページへお答えを掲載
 いたします。(お答えできるメールは4つのみとなります)
 【 送り先電子メールbabyroom@elf.coara.or.jp 】

過去のQ&Aへ