1)4ヶ月になる息子です。咳をしていたので病院に行き、咳止め・たん・鼻づまりの薬をもらってきました。翌日の夜、たくさんもどしました。翌朝も薬と母乳を飲んだ後、滝のようにダクダクと大量に吐き、その後はまた母乳を飲んで寝てしまいました。吐く以外はいたって普通なのですがまた病院に行ったほうがいいのでしょうか?

2)3ヶ月の息子です。咳があり、かかりつけの病院で飲み薬をもらったのですが、その後よびかけてもあまり笑わなくなってしまいました。寝ているとき、 咳の度に吐いてしまいます。病院に行く前は咳はしても吐かなかったのですが、これは風邪のせいでしょうか、それとも薬があっていないのでしょうか?もう1度病院へ行って診てもらった方がいいのでしょうか?

 

 咳、鼻水など、いわゆる「風邪症状」から始まってその後に吐くようになる場合があります。この場合の嘔吐にはいくつかの場合があり、吐き気によるもの、強い咳によるもの、ノドの痛みや違和感によるものなどが考えられます。
吐き気による嘔吐の多くは胃腸炎によるものです。風邪のウイルスの中には気道症状(咳、鼻水など)と同時に胃腸症状(吐き気、下痢、腹痛)を引き起こすものがあります。吐き気が強くて水分が十分にとれなかったり、多量の下痢を伴う場合は、脱水になりやすく、点滴が必要な場合もあります。乳児の場合には、吐くのは1、2回でも水分をとらずに眠り続けると脱水気味になってしまうことがあり、注意が必要です。

発熱を伴う場合には髄膜炎による吐き気の鑑別も必要です。内服薬に対するアレルギー反応としても嘔吐もあり得ますが、頻度としては低いでしょう。これまでに同じ薬を飲んだことがあるかどうか、内服と嘔吐の時間関係、アレルギーをおこしうる薬かどうか、などと、症状、経過などを考え合わせて診断します。

咳込みが強くて吐いてしまうこともよくあります。この場合、咳と一緒に痰を吐き、その後はすっきりしてしまうような時はそれほど心配ありません。咳込み が強くて眠れない、飲んだり食べたりしたものを全部吐いてしまう、あるいは飲んだり食べたりできない、という場合は点滴が必要なこともあります。また、痰を出しやすくするために吸入をしたり、内服しなくてよいように気管支拡張剤のテープを使ったりもします。

ノドの炎症が強かったり、口の中に口内炎ができている場合にも吐くことがあります。この場合は、口の中に食べ物、乳首などが入った時に嫌がったり吐いたりすることが多いと思います。これは、口の中やノドの診察所見で判断します。鼻水が多い場合は、のどの奥に流れてきた鼻水が咳や吐き気を引き起こすことがあります。

脱水の有無は、手足が冷たい、顔色が悪い、ぐったりしている、などが目安になりますが、乳児で特に月齢が低い場合は判断が難しく、悪くなるのも早いため 注意が必要です。1)の方のように、よくわからない、という場合は小児科を受診してもらった方が安心です。2)の方は咳による嘔吐のようにも思います
が、咳が強い病気には、百日咳、RSウイルス感染症、喘息性気管支炎など重症になるものもあります。
いずれにしても、症状が変化した場合(咳、鼻水→咳込みの増強、喘鳴、嘔吐、下痢、発熱など)には、診断名が追加されたり、処置、投薬が変更になる場合 もあるので、早めの再受診をお勧めします。

                     徳永洋一 


*このページで掲載している内容については、一般的なことをお答えしております、具体的な事柄の判断や決定にあたっては、かかりつけ医等に相談して下さい

徳永せんせいへの質問を受け付けています。
 お子様の年齢と質問したい内容を具体的に記入して、電子メールにてお送りください。
 送られてきたメールから、毎月4つの質問を選んで、Q&A形式でこのページへお答えを掲載
 いたします。(お答えできるメールは4つのみとなります)
 【 送り先電子メールbabyroom@elf.coara.or.jp 】

過去のQ&Aへ