2歳男児の母です。生後6か月頃からひどい便秘で浣腸を主に使っていましたが。近くの専門医の指示でこの2か月はラキソベロンのみでほぼ毎日排便するようになりました。が,そのほとんどに半透明の粘液が混ざっています。これは薬のせいなのでしょうか?

 

 ラキソベロンはけっこう強い下剤ですが、液体の薬で量の調節が簡単なため、小児にもよく使われます。このお子さんの便の状態は、実際に見てみないと確かなことは言えませんが、ラキソベロンの効果が少し強すぎるためかも知れません。

便秘の治療を始めた最初のうちは、便が腸の中にたまっていたりするため少し多めの量を使い、便をしっかり出し切ってしまいます。しばらく続けるがだんだんスムーズに出るようになるため薬の量を減らしたり、1日おきに使ったりします。長期に使うときは「緩下剤」と呼ばれる作用の緩やかな薬に変更したり、整腸剤を併用したりします。

また、便が自力で出にくい時は薬の力に頼ってもよいのですが、同時に食事や生活を見直すことは必要です。繊維分の多い食事をとる、水分をしっかりとる、同じ時間に毎日食べる、毎朝トイレでの排便習慣をつける、などです。

薬の使い方については、粘液混じりの便をオムツにとっておいて主治医の先生に見てもらい、再度相談されるとよいでしょう。

便秘については、

便秘(5歳)
http://www.coara.or.jp/baby/dr/1999/88.html

便秘のくすり
http://www.coara.or.jp/baby/dr/1999/98.html

も読んでみて下さい。

                           徳永洋一 


*このページで掲載している内容については、一般的なことをお答えしております、具体的な事柄の判断や決定にあたっては、かかりつけ医等に相談して下さい

徳永せんせいへの質問を受け付けています。
 お子様の年齢と質問したい内容を具体的に記入して、電子メールにてお送りください。
 送られてきたメールから、毎月4つの質問を選んで、Q&A形式でこのページへお答えを掲載
 いたします。(お答えできるメールは4つのみとなります)
 【 送り先電子メールbabyroom@elf.coara.or.jp 】

過去のQ&Aへ