姪っ子3歳の事で相談です。
 産まれた時から、両頬の大きさに相違があり、成長するにつれ、大きくなってきました。向って左が大きく、右が小さいのです(極端に)。歯の成長にも影響があるらしく、大きい頬の歯は、きちんと成長していますが、小さい頬の歯は、なかなか成長していません。
 初対面の方には、必ずといっていいほど、「おたふく風邪なの?」と聞かれます。何度か病院にも行ってみましたが、ある程度大きくなるまで様子を見ましょう。との事でした。
 女の子のため、将来コンプレックスにならないか、とても気にしてしまいます。こういう症状は病気なのでしょうか?他にもこういう例はあるのでしょうか?

人間の体は完全に左右対称ではありませんので、顔の作りが多少非対称でも正常範囲の場合もあります。しかし、歯の成長にも左右差があるのでしたら、病的なものかも知れません。

 実際に診察してみないと何の異常なのかは分かりませんが、大きい方に過成長がある、皮下に腫瘤や嚢胞などの異常構造物がある、小さい方に発育不全や萎縮がある、などが考えられると思います。顔だけでなく手足の大きさにも左右の差がある病気もあります。
診察はまずは小児科で行うと思いますが、歯に異常があるのなら歯科口腔外科、顎や頚部に嚢胞などがあれば耳鼻科の診察も必要です。

 顔の筋肉の麻痺やその他の全身的な異常がなく、歯の状態もかんだり食べたりに差し支えないようであれば、必ずしもすぐに色々検査する必要はないでしょう。将来コンプレックスになるどうかは分かりませんが、その様に感じない子に育てていくことも大切だと思います。

               徳永洋一 


*このページで掲載している内容については、一般的なことをお答えしております、具体的な事柄の判断や決定にあたっては、かかりつけ医等に相談して下さい

徳永せんせいへの質問を受け付けています。
 お子様の年齢と質問したい内容を具体的に記入して、電子メールにてお送りください。
 送られてきたメールから、毎月4つの質問を選んで、Q&A形式でこのページへお答えを掲載
 いたします。(お答えできるメールは4つのみとなります)
 【 送り先電子メールbabyroom@elf.coara.or.jp 】

過去のQ&Aへ

 

トップへ