もうすぐ5歳になる娘についてです。1年位前から男の子が声変わりをするような感じで、声がハスキーになりました。最初は、風邪のためと思っていましたが、声だけは一向に治りません。
私もどちらかといえばハスキーな方ですが、遺伝的なものなのか、それとも病的なものなのか、悩んでいます。生活は至って普通です。保育所に通っていますが、大きい声の出しすぎとかはないと思います。大好きな歌も思うように歌えず、とてもかわいそうです。今はまだ本人は、気にしていませんが、コンプレックスになってしまいそうで、これからがとても心配です。

人間の声は、のど元から少し下の下りたところ(喉頭)にある「声帯」という部分から出ます。ここに異常がある場合に嗄声(させい=声がかれること)が起こります。

 こどもの嗄声の原因としては、「声帯結節」がよく見られます。大人では歌手など声を出す人に見られることがありますが、こどもでも大声で泣いたり、どなるようにしゃべる子にできることがあります。治療は、声帯の安静(大きな声を出さない)、のどに負担がかかりにくいよう腹式呼吸で発声する練習をする、などがあります。定期的に検査をして、結節が大きくなってくるようなら手術で取ることもあります。

 そのほかにも声帯の良性腫瘍や、声帯の周囲に炎症が起きて腫れる「喉頭炎」による嗄声もあります。

 耳鼻科でファイバースコープを使って声帯の状態や動きなどを見てもらえば診 断がつきますので、一度受診されてはどうでしょうか。

 

               徳永洋一 


*このページで掲載している内容については、一般的なことをお答えしております、具体的な事柄の判断や決定にあたっては、かかりつけ医等に相談して下さい

徳永せんせいへの質問を受け付けています。
 お子様の年齢と質問したい内容を具体的に記入して、電子メールにてお送りください。
 送られてきたメールから、毎月4つの質問を選んで、Q&A形式でこのページへお答えを掲載
 いたします。(お答えできるメールは4つのみとなります)
 【 送り先電子メールbabyroom@elf.coara.or.jp 】

過去のQ&Aへ

 

トップへ