息子はもうすぐ1歳になりますが、柔らかい固形物の固まりをを飲み込みません。液体と固体が混じったものなどは、汁だけ先に吸ってカスカスになった食べ物は飲み込みません。人参だけとか、大根だけとかを自分で好きなだけ噛ませるとうまく口のなかで砕き、飲み込むようです。アトピーが重症で実際離乳食を始めたのは8ヶ月です。お米もまだ形があるとうまく飲み込めません。このままで焦らなくていいのでしょうか?

一般的に離乳食を進めていくときは、月齢に合わせて食品を増やしていくと同時に、かんで飲み込む能力の発達に合わせて以下のように食べ物の固さを変えていきます。

離乳初期(通常5か月頃から):ドロドロのものを口をもぐもぐさせて飲み込む

離乳中期(6,7か月頃から):舌でつぶせる固さのものを食べる

離乳後期(9か月頃から):歯ぐきでつぶせる固さのものを食べる

離乳完了期(1才頃から):形のあるものをかみつぶすことができる

このお子さんの場合、柔らかく煮た人参や大根をかみ砕いて飲み込めるのでしたら、 9〜10か月程度のかむ能力はあるでしょうから、離乳開始が遅かったことを考える と、相応の発達はしているように思います。あごの力や上手にかんだり飲み込んだりする能力は段階を追ってしか発達しませんので、この子に合わせた固さのものを与えていくとよいでしょう。米の場合は炊くときの水分量や炊く時間によって米粒の固さがずいぶん違いますので、食べにくいのであればもう少し水分を多くして柔らかくしてあげてみて下さい。

アトピーで除去食を行っているなら、離乳食の進め方は医師から指導を受けていると思います。食べ物の固さ等も含めてかかりつけ医に相談してもらえばよいと思います。                      徳永洋一 


*このページで掲載している内容については、一般的なことをお答えしております、具体的な事柄の判断や決定にあたっては、かかりつけ医等に相談して下さい

徳永せんせいへの質問を受け付けています。
 お子様の年齢と質問したい内容を具体的に記入して、電子メールにてお送りください。
 送られてきたメールから、毎月4つの質問を選んで、Q&A形式でこのページへお答えを掲載
 いたします。(お答えできるメールは4つのみとなります)
 【 送り先電子メールbabyroom@elf.coara.or.jp 】

過去のQ&Aへ

 

トップへ