2004.2.20


 

イエネコとヤマネコ

<担当>角 健吾

当園のであいの村に、人とネコとのステキ関係を提案する『世界の名猫館(仮称)』が3月20日オープンします。
ここには、世界のかわいいネコや皆さんが飼っているネコの祖先と言われているリビアヤマネコ・ベンガルヤマネコがいます。

今回は、ペットのかわいいネコとヤマネコと呼ばれている種との違いをお話します。


◆野良ネコも家ネコ◆
皆さんが育てていたり、飼育したり、道端で生活しているネコは『イエネコ』と呼ばれているものです。イエネコがいるのならそれと対するネコもいるのですが、これか『ヤマネコ』と呼ばれているネコです。文字のとおり『イエネコ』家猫、『ヤマネコ』山猫と書きます。たとえ人に飼われていない野良ネコであっても、みんなイエネコという家畜用に品種改良されたネコなのです。
もともと人に飼われていたイエネコと、最初から野生のヤマネコとは種が違います。

◆食物連鎖の頂点に立つ山猫◆
ヤマネコときいてピンとこないかもしれませんが。『イリオモテヤマネコ』、『ツシマヤマネコ』と言う名前を新聞やテレビで読んだり見たりしたことがあると思います。

これらのヤマネコは、入表島や対馬で食物連鎖の頂点に立つ、アフリカで言えばライオンに匹敵するのです。ヤマネコには、大型ヤマネコ・小型ヤマネコなど世界中に生息していますが、絶滅が心配されています。



ネコの祖先ヤマネコ


◆ヤマネコからイエネコへ◆
以前アニマルトピックス・ネコの歴史で紹介したように、イエネコのルーツはリビアヤマネコにあり、古代エジプトに始まりました。長い歴史の中、自然交配や人的品種改良がおこなわれ、現在のイエネコが存在するのです。そして今も様々な品種改良が行われています。  

ヤマネコに『ベンガルヤマネコ』(世界の名猫館に展示)というものがいます。イエネコほどの大きさで中国北部からインドネシア諸島にかけて生息しています。インドネシアでは泳いで魚を捕らえるそうです。近年このベンガルヤマネコとイエネコを掛け合わせて、ベンガル種が生まれました。

◆ヤマネコとイエネコを比較◆
 『世界の名猫館』には、ワイルド感を漂わせる鋭い目を持つ『ヤマネコ(リビア・ベンガル)』とヤマネコが祖先とは思えない愛くるしいネコがいます。

ヤマネコとイエネコの違いを比較してみてください。イエネコが歩んで来た何千年もの月日が感じられます。

◆あなたのネコ物語を◆
犬派ネコ派と良く比べますが、それぞれペットとして良い面があるみたいです。 犬は人間の友として、生活に欠かせない役割をはたしています。それに比べて、ネコは自分勝手で気まぐれ(ニャン格)でペットとしては向かないように思えますが、ネコ好きにとっては、この身勝手さや気まぐれとコミュニケーションすることがとても癒されるみたいです。

あなたのおもしろいネコ物語がありましたらサファリのメールに送信して下さい。

メールはこちらから>>


 

メールアドレス   lion@africansafari.co.jp



アニマルトピックスは、アフリカンサファリスタッフが動物達との触れ合いや不思議な習性などを自分達の視点からレポートしているものです。(※今後の定期的な更新はありません)