2003.12.19


 

強さとは?動物のオスとメス(後編)

<担当>角 健吾

 オスのサイは恋の季節が近づくと、動きが活発になりメスに積極的に寄り添っていきます。特にサイのオスははげしく自分をアピールします。
あまりにも積極的なのでメスも受け入れざるをえなくなります。

恋の季節の時期を過ぎると、オスは今まで寄り添っていたメスだけでなく他のメス達からも角でつつかれ、しつこく寄り添おうとしても最終的にはメスの集団から追われてしまいます。
食事でさえ、メスが食べた残りや、メスの隙を見て横から食べなければならなくなります。

季節によってメスのオスに対する接し方が全くかわってきます。
そんな姿を見たスタッフは自分の姿と重なったのでしょうか、あまりにもつらくなり、今日は動物舎でたっぷりのエサをあげ、休養を取らせていたのです。




オスはメスの集団から追い出され…



私は動物が野生で生きていくうえで、力の強いオスが家族を守る為、主導権をもっているものと思っていました。

ところが動物の社会では、メスの方が主導権をもっていることが多いのです。確かに『力が強い』事は野生で生き残る為にとても大切であり必要な事です。しかし、そのことよりも『新しい命を誕生させる』メスが主導権を持っています。

オスは力ではメスに勝つかも知れません。けれども、そのオスは『命を生み、育む』メスに一目置いていることに、感動を覚えました。

 

メールアドレス   lion@africansafari.co.jp



アフリカンサファリでの動物の最新情報をお届けするアニマルトピックス。毎週金曜日に更新されますのでお楽しみに!