2002.12.13

 

五頭の新メンバー
〜どうぶつの搬入・ヒトコブラクダ編〜

<担当>角 健吾
 動物園には、動物の紹介をするとともに「種の繁殖、保存」という大きな義務があります。
 その為、血縁の近いもの同士の交配を避けるため、定期的に同じ種類でも血のつながりのない個体をいれます。

 11月23日にサファリの草食動物に、新メンバーが5頭やってきました。
 その動物はヒトコブラクダです。


作業は慎重に・・・。

 大型動物の搬入は、かなりの大仕事です。 今回は、25トンクレーンと、トレーラーが二台、スタッフは総勢7人と大掛かりでした。

 動物は「クレート」と呼ばれる大きな箱の中に入れて運ばれてきました。
 クレートをクレーンで吊り上げ、所定の場所へ運びます。
 クレートだけでも2トンの重さ。ラクダを入れれば約3トンです。
 中の動物が驚いて暴れないように、作業は慎重に行います。



 次に所定の場所まで動物を誘導するのですが、初めての場所なので動物も警戒して、なかなかクレートから出てきません。 
 スタッフがあの手この手で、誘導します。

 四頭は何とか所定の位置についたものの、最後に登場したラクダに私も飼育スタッフもびっくりです。当園に長く生活しているラクダのおよそ1.5倍くらいあるでしょうか。通常ラクダが利用している建物にも入りません。

 長旅で足もしびれていたようで、だだっ子のようにしゃがみこんで動かなくなりました


だだっ子のラクダはいるかな?


 サファリ到着一週間で、このラクダを含めた全頭が現在セクション公開となりました。その為現在、他の4頭よりも早くセクションに登場しています。
 草食セクション入って、頼もしくてたくましい、黒っぽいラクダを見かけたら、あの新メンバーのだだっ子のラクダです。

 サファリは一度見たからと思う方も多いかもしれません。
 しかし、動物園や動物の世界は常に変化し、進化しています。話題の宝庫です。
 この夏から変わりつつあるサファリの様子も交えて、皆様に楽しいアニマルトピックスをお伝えします。

 

メールアドレス   lion@africansafari.co.jp


アフリカンサファリの獣医・神田先生のインタビューをコアラTVで見ることができます。月に一度インタビューするのでそちらもお楽しみに。
(コアラTVはADSLの方対応です。視聴するにはRealPlayer か Shockwaveが必要です)
第一回目の放送はコチラから>>  第ニ回目の放送はコチラから>> 


アフリカンサファリさんの協力で動物の最新情報をお届けするアニマルトピックス。毎週月曜日に更新されますのでお楽しみに!