衆議院選挙・投票状況のアンケート結果

 2000年6月7日から25日(投票日)の朝7時までに、コアラで行ったアンケートへの回答、100人のデータを集計したものです。
 
 まず、ネットワーカーは政治的な関心が高いのでしょう、アンケートによると、86%の人たちが「投票に行く」としておりますが、投票率は自らの気持ち以下を結果的に予測(全国多重平均値54.48%、大分65-70%最頻値)しています。
 →今回(2000.6.25)の投票率の結果は以下の通りとなりました。
  <投票率>
   全国 62.49%
   大分 72.74%
   福岡 61.15%

 また、投票には「候補者の政見や人となり」を重視(49.49%)しつつも、「政党を選んで」(34.34 %)が次に続いており、やはり政権の枠組みを意識していることにもなるのでしょうか?

さて、注目のインターネットと選挙の関係ですが、ホームページで政策を見ないという方々は42%にも達していますが、逆に何らかの形で確認する方々は34%、さらにチャンスがあれば見る方々が24%であり、合計58%となると、今後、インターネットユーザー向けにインターネットによる選挙キャンペーンは避けられないということでしょう。

 そして、今後、インターネットによる投票の可能性ですが、難しいだろう(42%)という予測がが第一番で、その理由として、
 ・セキュリティ上から本人確認やプライパシー確保が難しい、
 ・行政がそのような方向には行かないだろう
 ・インターネットの普及が(高齢者など)それほど進まないだろう、
 というようなコメントが大勢を占めています。そして、それを裏付けるかのごとく、多分、技術のことに詳しいであろう若い世代の方に否定的な意見が多くなっています。
 しかし、5年以内に実現する意見も30%あり、やはり期待感が強いとも言えるでしょう。

その他全般的に、ネットでの「衆議院選挙のアンケート」という題目では注目度が低いのでしょうか、このアンケートへのクリック率は(他のコンテンツに比して)低く感じられることも記しておきます。
 
 さて、次のコアラアンケートを皆さん期待してくださいね。(面白いテーマの提案を歓迎します。宛先はinfo@fat.coara.or.jpまで。)

アンケート結果

1.投票に行きますか?
2.候補者を選ぶ基準は?
3.投票率予想-全国区
4.投票率予想−大分区
5.候補者や政党のホームページは?
6.インターネットで投票が可能?
7.年代
8.性別

1.投票に行きますか? [99]

男性

女性

1

行きます

86

86.87 %

69

17

2

行かない

10

10.10 %

8

3

わからない

3

3.03 %

皆さんのコメント

行かない理由

  • 住民票が実家にあるから
  • 投票すべき人物がいない
  • この人!って人がいないから
  • だるい
  • もともと出身県ではないから  大分人だから
  • 興味なし
  • 行く意味がない
  • 今納得いく候補者がいない。
  • 選挙権がない
  • 日本のいまの政治家は腐ってるから(笑)

行く理由

  • せっかく選挙権を持っているのだから、ちゃんと国民の義務を果たさなくちゃ。
  • 棄権して黙認するほど政治状況が良くはない
  • 国民の権利だから
  • 今回は面白そうだ
  • 私は、投票所の係のものです。当然

2.候補者を選ぶ基準は? [99]

〜20代

30代

40代

50代〜

1

候補者の政見や人となりを見て

49

49.49 %

37

12

16

18

10

5

2

政党を選んでそこから

34

34.34 %

32

5

13

8

8

3

会社や仕事関係のことから

9

9.09 %

7

2

3

1

3

4

その他、わからない、等

4

4.04 %

3

3

1

0

0

5

知人、友人に頼まれて

3

3.03 %

2

1

0

1

1

選ぶ場合のコメント

  • いい人でも政党のやり方が気に入らないこともあるから。その人を見たい。
  • まずは大まかな政策から。
  • 自民党だけは投票しない
  • 自民党には入れない
  • 政策を見てから
  • 政治の役目は政策の実行であり、政策の違いは政党の違いにあり
  • 政治の流れを作りたいから
  • 選挙のときだけ口約したってだめ

3.投票率予想-全国区 [100] 

90%以上

1

1.00%

2

85%

1

1.00%

80%

1

1.00%

70%

1

1.00%

69%

2

2.00%

68%

4

4.00%

67%

2

2.00%

66%

1

1.00%

65%

5

5.00%

10

62%

4

4.00%

11

61%

2

2.00%

12

60%

9

9.00%

13

59%

3

3.00%

14

58%

3

3.00%

15

57%

2

2.00%

16

56%

1

1.00%

17

55%

7

7.00%

18

54%

1

1.00%

19

53%

3

3.00%

20

52%

2

2.00%

21

50%

11

11.00%

22

49%

3

3.00%

23

48%

5

5.00%

24

46%

1

1.00%

25

45%

10

10.00%

26

44%

5

5.00%

27

42%

1

1.00%

28

40%以下

9

9.00%

   全国区の投票率の多重平均値は、 54.48%

4.投票率予想−大分区 [100]

1

90%以上

1

1.00%

2

80%

1

1.00%

3

78%

1

1.00%

4

75%

5

5.00%

5

74%

2

2.00%

6

73%

1

1.00%

7

72%

4

4.00%

8

71%

1

1.00%

9

70%

13

13.00%

10

69%

4

4.00%

11

68%

8

8.00%

12

67%

3

3.00%

13

66%

1

1.00%

14

65%

10

10.00%

15

64%

2

2.00%

16

63%

3

3.00%

17

62%

1

1.00%

18

61%

1

1.00%

19

60%

6

6.00%

20

59%

1

1.00%

21

58%

2

2.00%

22

55%

5

5.00%

23

54%

2

2.00%

24

53%

1

1.00%

25

52%

4

4.00%

26

51%

2

2.00%

27

50%

5

5.00%

28

49%

1

1.00%

29

48%

1

1.00%

30

45%

2

2.00%

31

42%

1

1.00%

32

40%以下

5

5.00%

   大分の投票率の多重平均値は、 62.5%

5.候補者や政党のホームページは? [100]

〜20代

30代

40代

50代〜

1

積極的には見ない

31

31.00 %

25

6

6

10

10

5

2

それとなく、目に付いたときには見るかもしれん

24

24.00 %

19

5

8

10

2

4

3

必ず見るつもり

22

22.00 %

20

2

7

4

6

5

4

多分、見るだろう

12

12.00 %

10

2

2

7

1

2

5

見ない

11

11.00 %

7

4

4

5

1

1

皆さんのコメント

見ない

  • 見てもしょうがない。共産党以外みんな同じ政治思想じゃないの。前回は○○党からでましたが、今回は△△党から出馬します、とか。あんたには、真情というものは無いのか。「とにかく議員になりたいの。」では。
  • 積極的に選びたい候補者がいないから。
  • 電話代がもったいない
  • 内容がない
  • 日本の政党政治には飽き飽きしてるから
  • 時間がない。新聞を読む。

見る

  • やはり選挙の行方は気になるので。
  • 政策のない政治家(政党)は政治家(政党)にあらず。また、政策(公約)を実行しない政治家は政治家にあらず。


6.インターネットで投票が可能? [100]

〜20台

30代

40代

50代〜

1

ちょっと難しいと思う。

42

42.00 %

35

7

11

17

9

5

2

5年以内になると思う

30

30.00 %

23

7

8

13

4

5

3

10年以内になると思う

17

17.00 %

14

3

4

3

4

6

4

2年以内になると思う

6

6.00 %

4

2

3

1

2

0

5

8年以内になると思う

5

5.00 %

5

0

1

2

1

1

皆さんのコメント

難しいと思う

  • security
  • 簡単に不正が行われそう。
  • 本人の確認が取れない? または 大変難しい。
  • 本人以外が投票する行為をチェックできないから
  • 本人確認 通信の秘密 その他
  • 絶対に本人であることを確定しにくい。
  • 不正が入り込む余地ができる。逆にそれを期待しての導入はあるかも
  • 不正に対応できない。厳正な投票が期待できない。
  • 投票の信頼性が保証しにくいから
  • セキュリティが完全ではないため、個人を完全に特定できない
  • 個人認証問題
  • セキュリティひとつ守れないのに実現するわけない
  • 日本の場合、インターネットに限らず不正に対する意識が低すぎるから
  • 他の人に情報がもれそうでこわい
  • 替え玉投票が可能なため
  • インターネットの普及次第、高齢者や障害者対策、不正等の問題がある。
  •  
  • 身分の確認が困難と思われる。またアドレスが国家に掌握されるのも困る。
  • 身分照合とプライバシーの問題が解決できるかどうか?
  •  
  • 権力者次第!
  • 中央官庁の方はこういうのを嫌がるから。
  • 若者の投票率アップには効果大。でも政府が踏み切れないだろう
  • 自治体の体制としてそういう方向には決して行かないと思うから・・・
  •  
  • 十分な議論が必要だと思います。
  • 情報格差が広がり、お年寄りには無理かも!
  •  
  • 全家庭にインターネットの普及は難しい。
  •  
  • 投票という行為が重要!
  • 投票行動があまりの手軽さに軽率になる可能性があるから。
  •  
  • テレビのように 身近に必要性をまだ感じてないひとが大勢いる
  • パーソナルレベルでは難しい。
  •  
  • インターネットは受身的行動で、政治はその逆でなければならない。変革を望むならは、手先・口先だけではだめ。
  • こればっかりはね
  • インターネットにそこまで期待していない
  • 有権者の大半が高齢者だから
  • 老人家族は無理では?

可能になると思う

  • このままじゃ投票率が下がり続けるので、起死回生策として検討されるのでは。(10年以内)
  • 可能になるかどうか・・・というより、そうなって欲しいという願望。(5年以内)
  • 同時にインターネットで選挙運動が可能になることが前提(8年以内)

7.年代 [100]

1

10代〜

2

2.00 %

2

20代〜

25

25.00 %

3

30代〜

36

36.00 %

4

40代〜

20

20.00 %

5

50代〜

13

13.00 %

6

60代以上〜

4

4.00 %

8.性別 [98]

1

男性

79

80.61 %

2

女性

19

19.39 %