ADSLサービス活用中!

前回レポートしました、大分市中央町商店街さん、森さん宅に引き続き、
現在ADSLサービスをご利用になられているユーザ様に、お話を聞きに出かけてきました。
前回のレポートはこちら



ADSLとは、既存の銅線の電話回線を利用した高速インターネット接続の事で、 アナログ回線を利用し、定額料金で24時間常時・高速インターネット接続できる、サービスです。また、アナログ回線でインターネット利用と通話利用が同時にできるのが特徴となっています。

(「ADSL・メタリック・コアラ」の詳細はこちらをご覧ください)
今回取材をさせて頂いたのは、インターネットマンションを手掛けている、メゾン産業さん。そしてお話を伺ったのは別大コミュニティーの古長さん(写真左)です。
さて、良く耳にする、”インターネットマンション”とはどういったものをいうのでしょう。それは、各部屋から常時インターネット接続ができることをいい、新たにプロバイダーに加入することなく、入居した時点から使用できるマンションのことです。
実際使っているユーザさんによると、「従来接続していた環境より、ADSLの方が数倍速いですね」と、高速で接続できるADSLは好評の様子。
各部屋に電話用とインターネット用の接続口が2つあり、パソコンさえあれば、誰でも気軽にインターネットが即座に楽しめるのです。
また、ワンルームのマンションなので、単身赴任の方も多く、インターネットを使って仕事の連絡や、離れた家族とのコミュニケーションにも役に立ちそうですね。

これからは、インターネットマンションが一般的になりそうですが、古長さんは、「今後は、入居者の方々とメールで連絡が取れる様になりたいですね」と話されていました。そうなると一度に全世帯と簡単に連絡が取れ、営業時間外にもメールが送れ、便利になりそうです。



現在インターネットをされている方なら、 ダイアルアップだと接続するまでに時間が掛かるとか、
ホームページ内の画像が中々表示されない、
添付ファイル付のメールが送受信出来ない、それからそれから。。。と
使っていく内に色々と不満を感じたことがあるはずです。
でも、高速インターネットのADSLだと、電話代も気にすることなく、ずっと繋げられるので、
ダウンロードに時間のかかる音楽を受信したり、インターネット放送をゆっくり観たりと、
インターネットの楽しみが一段と広がり、生活も快適になりそうですね。



2000年5月 Reported by Y. Kusamoto : kusamoto@fat.coara.or.jp

コアラトップページへ