アート・ドキュメンタリー映画祭
−ダンス特集−

アート・ドキュメンタリー映画祭
ーダンス特集ー


Date:1999年12月1日(水)〜12月5日(日)

Place: 大分県立総合文化センター・映像小ホール
(オアシスひろば21地下1階)
Charge:800円(1ブロック券)・1000円(講座料)

お問い合わせ: (財)大分県文化振興財団
TEL: 097-533-4002

*上映映画の日時指定はありません。各回30分前より入場可
(各回定員80名−定員を超えるとご入場できない場合があります)


毎回今までにない面白いイベントを企画している(財)大分県文化振興財団ですが、12月1日からはダンスを特集した”アートドキュメンタリー映画祭”を開催。

”アート・ドキュメンタリー”とは、ファッション、写真、演劇、音楽、etc.多様なテーマに焦点をあて、アーティストの人間性や内面に迫ったポートレイト、また作品自体をフィルムで紹介し、それは映画の様でもあり、また、一つのアート作品とでも呼ぶべき映像として仕上げられています。


ローザス・ダンス・ローザス1997年べルギー
ヨーロッパを代表する振付家ケースマイケルと
そのグループ、ローザスの記念すべき第1作


マーサ・グラハムの生涯
1994年アメリカ

20世紀芸術の偉大なる先駆者、
マーサ・グラハムの生誕100周年記念作品

”ラ・ラ・ラ・ヒューマン・ステップス”等有名ダンスカンパニーの公演もあった大分では、映画祭には”ダンス”をテーマに9作品が集められています。

ダンスの流れを変えたというわれる、マーサ・グラハムの生涯を綴ったドキュメンタリー、先日グランシアタで公演された、”ラ・ラ・ラ・ヒューマン・ステップス”による、空想の美術館で繰り広げられるダンスの映像、スイスのダニエル・シュミットによって撮影された日本の舞踏の先駆者でもある大野一雄のパフォーマンス、そしてベルギーのダンスグループ、ローザスによる、学校を舞台にして踊られるダンス等、面白い内容が期待できる作品が勢揃いです。

「”ダンス”といっも色々な種類があって、何を基準にコンテンポラリーダンスっていうんだろう?」と、思っている人も多いのではないでしょうか?今回はそんな私達の為に、ダンス批評家、桜井圭介氏による、「もっと知りたい!コンテンポラリー・ダンス」と題した講座も開かれます。


様々な形で自己を表現するダンスパフォーマンス。そんなダンス映像ばかりを特集した”アート・ドキュメンタリー”は、大分では初めての上映です。従来の印象とは一風変わったダンスからは何か伝えわってくるものがあるかもしれません。。。


フラメンコ・1995年スペイン
フラメンコの主な曲形式網羅し、その奥深い
魅力の全てを収めたドキュメンタリー映画の傑作



プログラム

Aブロック(
10:30〜)
Bブロック
(13:00〜/13:30〜)
Cブロック
(16:00〜/17:00〜)
Dブロック
(18:30〜)

12/1

-----
-----
-----

◆嘆きの皇太后
(ピナ・バウッシュ)

12/2

-----
-----
-----

◆ビル・T・ジョーンズ
◆マーサ・グラハムの生涯

12/3

-----
-----
-----

◆DV8フィジカル・シアター
◆ダムタイプph

12/4

◆ローザス・ダンス・ローザス
◆ラララ・ヒューマン・ステップスin ベラスケスの小さな美術館

◆フラメンコ
◆大野一雄

◆ローザス・ダンス・ローザス
◆ラララ・ヒューマン・ステップスin ベラスケスの小さな美術館

◆フラメンコ
◆大野一雄

12/5

◆ビル・T・ジョーンズ
◆マーサ・グラハムの生涯

◆桜井圭介氏による
オアシスダンス講座
〜もっと知りたいコンテンポラリー・ダンス〜

◆嘆きの皇太后(ピナ・バウッシュ)

-----

(財)大分県文化振興財団様
より、チケット(1ブロック券)をペア2組にプレゼント!
ご希望の方はお名前・ご住所・メールアドレスをご記入の上、こちらまでご応募下さい。

ご応募頂きまして有り難うございました。プレゼントは終了致しました。
(尚、当選は発送を以って代えさせて頂きます)




(1999年11月 Reported by Y.Kusamoto)