今年のゴールデンウィークはどうなる?
大分交通観光社
〒870-0034大分市住吉町1丁目(新川バス停前)
TEL:097-535-2131・FAX097-535-2248

ゴールデンウィークまで後わずかですが、予定はお決まりですか?長いお休みなので旅行をする方が多いのではないでしょうか?
そこで大分市住吉にある、大分交通観光社さんに現在の予約状況を伺ってきました。

もう人気のある所はほとんどがいっぱいで、これからの予約は難しいという事。

中でも人気があるのは、九州各県の温泉地、それに東京ディズニーランドを始めハウステンボスや三ツ井グリーンランドといった、家族で楽しめるテーマパーク

ところで、時代によって旅行の形は変わっているんでしょうか?大分県内でも”グリーンツーリズム”と呼ばれる、田舎生活を体験する観光に力を入れているというのを聞いた事があります。

最近の傾向はというと、以前の様に団体のパック旅行をする人は少なく、個人旅行がほとんど。でも相変わらず、安近短と言われる様に、安く近場に短期間で、という概念は変わっていないそうです。

最近の日本人も社会的に余裕ができたのか、ハードなスケジュールで名所を巡るのでなく、滞在型の、一ヵ所でゆっくり過ごすのが主流になっている様子。ホテルと交通だけを手配するんですね。

また、経験豊富な人が多くなった今は、メジャーな場所に加えて、秘境といわれるような離島や、あまり有名でなかった場所も人気が出てきているとか。例えば温泉地の黒川とか宮古島等の人気が高まっているそうです。


それから集客率を上げる為には、多種多様なニーズに応える必要もある様です。高速バスも改正され、開発が進む福岡では、リーズナブルな宿泊費で、ショッピングもでき、レジャー施設もあってと、福岡のシーフォークが人気があります。
温泉地の旅館等も食事に力を入れたりと、他と差を出す努力をしているとか。


大分交通観光社
大分営業所・所長
宮崎賢治さん

自分の目で見てみたい、という願望から人は旅をするのではないでしょうか?」と、業界歴22年大分交通観光社の宮崎さん。「この仕事をしていて楽しいのはやはり各地を訪れる事。反面苦労する点は、海外へ行った際の語学力。それに、予定通りに進まずトラブルが起きた時の対処が大変です。」と。旅行にはトラブルがつきもの。その上で満足してもらうサービスを提供するのは大変なことだと思います。




ゴールデンウィークは何処もかしこも人人人で、大混雑するはずです。
でもお休みが中々取れない日本人にとっては、やっぱり何処かへ出かけたいもの。

海外も国内ももう予約でいっぱいだそうですが、今年は5月1日(土)から5日間のお休み。

皆さんはどう過ごされる予定ですか?

(by Yuko Kusamoto)