別府湾会議のみどころと予習用のURLです


●セッション1 《ネティズン革命》

◆<ネティズン革命とハイパーネットワーク社会> 公文俊平

    公文先生の最近の論文や雑誌寄稿文の全文が提供されている、     また近著「アメリカの情報革命」全文もオンラインで読むことが出来ます。

◆ネティズン革命とコミュニティ・ネットワーク

    マイケル・ハウベン(コロンビア大学・“ネティズン”創案者)     大部の論文である「ネティズン論」が収録されている、ニュースグループの     動向を観察してネットワークの利用から起こっている新しい考え方に言及     した極めてユニークな論文、面白いよ。

ONE PERSON ONE HOMEPAGE

    ニューCOARA会員有志     おなじみの一人一ホームページ、一人一人が情報発信をしよう!     ついでに、一村一品バーチャルショップも     組織からの情報発信支援実践コーナー

■コーディネーター:ハワード・ラインゴールド

    ラインゴールドの近著「バーチャル・コミニュティ」全文などを収録している。     尾野徹(ニューコアラ事務局長)     『電子の国コアラ』コアラのこれまでの歩みを事務局長が肉声で語った著作。

●セッション2 《RII(地域情報基盤)の原型づくり》

   <地域ネットワークの新しいコンセプトを求めて>

◆大分版RII構想─ハイパーネットワーク地域実験の求めるもの

   尾野 徹(ニューCOARA事務局長)    ハイパーネットワーク地域実験のプログレスレポートはここに掲載される。

地域ネットワーク、スマート・バレーの経験

   ハリー・ソール(スマートバレー公社前CEO)    シリコンバレーをスマートバレーに、米国の情報通信による地域開発の試み

OCN(オープン・コンピュータ・ネットワーク)と地域ネットワーク

   加納貞彦(NTTサービス生産本部ネットワーク部部長)    NTTのマルチメディアへの取り組みと新コンピュータ・ネットワークOCNの    報道資料だが、そもそも料金はいくらになるのだ、我々に関係あるサービス    なのか、そうでないのか、これでは何もわからん、ちゃんと予習して会議で    がんがん質問しよう!

◆コミュニティ・ネットワークの新しいアーキテクチャーとは

   デビッド・ファーバー(ペンシルバニア大学教授)    ファーバーの個人ページ    ペンシルバニア州のNPOネットワークの活動の模様   

■コーディネーター:尾野徹&会津泉(ハイパーネットワーク社会研究所)

   会津泉「進化するネットワーク」の全文を掲載

●セッション3 《テクノ・プレゼンテーション》

◆インターネットのホット・テクノロジー・レポート

   <VRML, HOTJAVA,Real Audio and more>    インターネット・エキスポ テクニカルワーキンググループ     インターネットエキスポの開催告知です。    ・インターネット・フューチャー  村井 純(慶應義塾大学助教授)    ・ネットワークの中のソフトウェア・エージェント  浅川和雄((株)富士通研究所ネットメディア研究センター長)    ・InterServ による情報システムの改革  佐々木豊(NTTデータ通信(株)NWC事業部)    ・大衆化へのCD-ROM の活用  森下政信(日本電気C&C マルチメディア事業推進本部主席技師長)    ・VRML〜WWW 情報3次元可視化の試み  西野浩明(大分大学工学部)     大分大学のホームページ

■コーディネーター:伊藤穣一(エコシス代表)

    富ヶ谷ホームページ     リアル・オーディオ、ラジオを聞こう!     HotJava日本語版も発表。     VRMLフォーラムのページ

◆交流パーティー(別府湾ロイヤルホテル・2Fロイヤルホール)

           《集まれ、ネティズンたち!》

●セッション4 《ディジタル・プレジャー》

    ディジタル・コンテンツの創造・制作・流通をめぐって    ・都市メディアとしてのテレビとインターネット      濱田耕作(東京メトロポリンタンテレビジョン)     東京メトロポリンタンテレビのホームページ    ・IMAGINE─電子ネットワークが作り出す世界を想像してみよう  今岡 清     うーん、すごいぞ今岡過激団    ・ディジタルハリウッドの最新トレンド     マイケル・バックス(『コンゴ』プロデューサー)    ・最強のディジタル・プロダクション〜札幌のビー・ユー・ジー     服部裕之((株)ビー・ユー・ジー代表)    ・YELLOWSで見えたもの(仮)     江波直美(デジタローグ代表)    ・自己組織化によるネットワーク・アートの可能性     ─未来都市─「ギガポリス」ベネチアビエンナーレ出展作品より     河口洋一郎(CGアーティスト/筑波大学助教授)

■コーディネーター:浜野保樹(放送教育開発センター)               &粟田政憲((株)シナジー幾何学代表)


●セッション5 《分野別テーマ討論》(別府市ビーコンプラザ)

(A) 教 育 ネットワークを学校に (1F中会議室)    ・肩肘張らずに「じゃぶじゃぶ」と!─       ―小学校2年生のネットワーク活用事例報告     中川一史(横浜市立中川西小学校教諭)    ・非情報系学生のための情報処理教育への取り組み       ―高度情報化社会に向けて─     渡辺律子(大分県立芸術文化短期大学)     大分県立芸術文化短期大学のホームページ    ・ガイアプロジェクトの実践     藤田賢一郎(上越教育大学学校教育学部附属中学校)    ・学校を拠点とした地域ネット『ミカンネット』の活動  吉冨一樹(熊本県天水町立小天小学校)    ・世界の子供たちを結ぶ─APICNETの実践報告  金子洋子((株)グローバルコモンズ)   

■コーディネーター:新谷隆・豊福晋平(国際大学GLOCOM)

   アップルと国際大学グローコムの共同プロジェクト『メディアキッズ』の概要紹介 (B) 医療・福祉 マルチメディア実験の紹介 (3F小会議室31) ・市民カードシステムから保険、福祉、医療システムへの     高度利用における考察  今泉浩太郎(佐伯市環境保健課) ・脳神経外科とマルチメディア  下村 剛(大分医科大学脳神経外科) ・寝たきり高齢者をネティズンに!     ―テレビ電話による高齢者支援ネットワーク  内田 斉(アライドコンサルティング株式会社) ・People『福祉工作クラブ』の試み   ─パソコン通信やインターネットが拓く障害者の自立  関根千佳(日本アイ・ビー・エム株式会社SNSセンター) ・医学教育と医療診断支援のためのマルチメディア・ネットワークの可能性  吉田敏(大分医科大学実験実習機器センター)    

■コーディネーター:吉田 敏(大分医科大学実験実習機器センター)

    大分医科大学のホームペー     大分医科大学実験実習機器センターのホームページ (C) 市民、 行政、政治とネットワーキング (3F・国際会議場) ・ネットワーク・デモクラシーの実験(仮)  原 秀介(コミュニケーション・コーディネーター、          ネットワーク・デモクラシー研究会幹事) ・政党によるインターネットでの情報発信の試み  岡本健司(新党さきがけ事務局)     さきがけのホームページ香川県の地域情報ネットワーク整備  谷本善睦(香川県地域情報化推進協議会) ・プラットホームとしての「地域の情報通信基盤(RII)」の整備   ─APECインターネット・プロジェクトを踏まえて  浅野幸治(大阪府企画調整部情報政策課)      APECのホームページ      こちらは外務省によるオフィシャルサーバーです。    で、昨11月19日のAPEC大阪宣言、発表よりも2時間以上も速くインターネット    では流れていたそうです。誰かがミスったみたい・・・

■コーディネーター:杉井鏡生(インフォメーション・コーディネーター)

(D) ビジネス 新しい産業と市場  (2F・レセプションホール)      ネットワーク・ビジネスをどう立ち上げる?    ・ディジタル素材の流通プラットフォーム     猪熊洋文((株)ミスミ取締役)     ミスミのホームページ    ・バーチャル・カンパニーからサイバービジネスへ     細江治己(サイバースペースジャパン)     国内のWWWアンケート調査など有益な情報がいろいろ。    ・サイバーパブリッシング実験の成果     西岡貞一(凸版印刷メディアセンター)        ・学生起業家から見たネットワークビジネス(仮)     國分裕之((資)スプレッドエムフォー社長・CEO)    ※國分さん多摩大学の学生さんだが学生を使ってゲームの評価とかホームページ    の作成とかいろいろなベンチャービジネスを手がけています。   

■コーディネーター:藤元健太郎(野村総合研究所研究員)

    あと、日本経済新聞連載の「インターネット・ビジネス」全文を掲載している。     もよろしく。。

●セッション6 ハイパーネットワーク社会 発展のシナリオ

◆全体討論<地域ネットワークを支える社会システムづくりの課題、問題点

   ・立命館アジア太平洋大学(仮称)の基本コンセプトと展望     坂本和一(立命館大学副総長)        ・サイバービジネス・ケースバンクについて     村上輝康(野村総合研究所研究理事)         慶応大学と野村総研の共同プロジェクト     コメント:森田均(別府大学短期大学部)、服部桂(朝日新聞社)         朝日新聞社のメディアミックスの試み

■コーディネーター:月尾嘉男(東京大学工学部教授)                &浜野保樹                &金村公一
           (国際大学GLOCOM)