2000年 U.I.ターンフェア in おおいた

 

平成12年1月4日、トキハ会館5階にて「U.Iターンフェア in おおいた」が開催されました。実は私もついこの間Uターンして大分に帰ってきたばかり。緊張感のある会場で一緒になって緊張しながら取材してきました。


受付では登録されていた方の他に、当日希望の方も面接に来ていました。登録されている方だけで160人の参加が見込まれているそうです。

U.Iターン希望者は入り口で求人一覧表を受け取り、参加企業採用職種をチェックします。

開催に際し、2002年のワールドカップ開催等を例にして、今後大分県が更に躍進することが期待される事、そしてその実現の為にも大分で優れた人材を集めるチャンスが今だという事をお話されました。また、大分に戻ってくる方が抱く大分での暮らしに対する不安については、大分の生活指数等を例に出して(全国で暮らしやすさ14位との事)安心して大分に戻って来て欲しいともおっしゃっていました。

今回集まった企業は57社。求人数は約240人と前回よりも増えたそうです。それぞれ設置されたブースで就職希望者と面接をします。企業も即戦力が期待されるU.Iターンの面接とあって、気合が感じられました。

中にはコンピューターを持ち込んでいる企業もありました。こんな所でも活躍してるんですね。

面接を控えたみなさん。真剣です。ついこの間まで就職活動をしていた私は、その気持ちが伝わってきて、とても緊張してしまいました。

いよいよ面接です。はじめは求人一覧表ばかり見ていた参加者も、徐々に企業のブースに集まってきました。テレビ局の取材もたくさん来ていました。

Uターンは関東からの方が多く、3〜4割を占めるそうです。年齢的には20代後半から30代半ばの層の男性が多く、この時も女性の参加者はわずかでした。

採用側の求人職種は専門技術等が多く、コンピューター等の技術をを含めた経験者を希望しているようです。

この日、コアラの後藤会長も臼杵市役所の代表として出席されていました。

今回のU.Iターンフェアについて色々とお話を聞かせて下さった方です。大分県出身の良い人材がたくさん戻って来て大分がより発展してくれたらいいなぁ…とおっしゃっていました。実際大分に戻ってきた私も、是非そうなる事を願います!


Reported by ono mika / breeze@fat.coara.or.jp

ニューコアラ天神コアラ