Count Down Diary
12/11,1999

 名古屋に来ちゃいました。

 たまってたマイレージが、年内でかなり消えてしまうので、もったいないから使ってしまいました。

 マイレージってありがたい。

 友達が車で迎えに来てくれて運転させてくれるというので「初心者マーク」を持って行った。

 …で、貼らせてもらった。

 でもなあ…小回りきくビッツしか運転したことないから不安なんだけどなあ・・・と、思ってはいた。

 名古屋から三重に向かって高速を走らせ1時間半、ひたすら恐かった。
 ちょっと左を見た時に、中央線を超えて右に入ってしまっていて冷や汗たらり・・・。トンネルは緊張のあまりに硬直してしまった…。
 あまりに疲れてパーキングに入ったところで…

 前向きに普通に駐車しようとしてゆっくり前に進んでたのに…

ガリガリー!

キャー!!うそ!?
…やってしまった。
しかも人の車…、しかも新車…

 あまりのショックに打ちひしがれてしばらく立ち直れなかった。
 「他人の車を運転すべからず!」おぞましい教訓となった。

 やっぱり「こするカモ保険」入っとこ。

 私の運転技能はかなりアブないということが発覚したので、交通安全祈願をするために伊勢神宮に(正月前だ)参拝することになった。

 神宮内苑を流れる五十鈴川。

 お土産「赤福」のアンコのしわは、この川の波からきているそうな。

 手を清めてから。

 宇佐神宮にもいる白馬がいました。

 私もフラッシュで白い。ソノコのようだ。

 参拝する建物では撮影が禁止だったので写せなかったが、土曜というだけでかなりの数の参拝客、すごいなあ、と感心。

 意外に面白かったのが、神宮の側にある「おかげ横町」。

 お食事処やお土産屋、昔懐かしいおもちゃ屋などが、懐かしい趣風に作られてます。

 手焼きせんべいの、お醤油のこげるいい香りや、さざえや海産物を焼く香りが漂ってきて、ついつい引き寄せられる。。。

 お昼にすごいものを食べた。

「伊勢うどん」、麺がすごく太くてお餅みたいにやわらかいのだけど、極め付けはこのスープ。真っ黒。

 辛いかな、と思っていたけどそうでもなかった。

 食べ足りなかったので、この横町の中にある「赤福・本店」でお茶することにした。

 1皿3つ赤福が入っていて230円だったかな。

 お座敷きに入っていただくと、お茶も運んできてくれます。

 観光客の方でいっぱい。

「ここで食べる本店の赤福は美味しい」

 と断言されてたけど、赤福は赤福だった。

 赤福を握っている職人さんたち。

 あのしわって、手の指の握った時のしわだったんだ・・・。

 NHKの取材が入っていて、あちこちに多数のNHKクルーの姿が。

 こんなに大勢で撮影しているんだぁ・・・と驚き。

 太鼓も披露されてます。

 普通の日曜なのに、豪華だなぁ。

 まだまだ陽は高い。

 お天気もいいし、「山の湯温泉」という温泉郷へも行ってみることにした。

 ここは、東洋一の高さのロープウェイが自慢だというので...

 さっそく乗ってみた。

 伊勢湾が見渡せます。

 眼下も遠ーくに地上があって、めまいしそう。

 風が強いので1時間に2度しか運行してないと言われ、揺られながらのスリリングな旅となった・・・。

 頂上は霞んで見えないし・・・

 雪も降った形跡あり。

 日本カモシカの姿が見られるそうだけど、見つけることはできなかった。

 頂上到着。

 ゴーッ!ビューッ!

 何の音かと思ったら、マイナス15度だそうで暴風の上、雪も降ってた。

 チャレンジャーとなり外へ出ると、この私でも吹き飛ばされそうだった。

 視界が見えないのに崖っぷちにいるって、そうとう恐い。

 15分くらいの滞在しか許されず、再び地上へ戻った。

 今日はほんとに心臓をこきつかった日であった...


ミホ・トモナリ(mipori@fat.coara.or.jp)
New COARA | TENJIN COARA