The Photo Exhibition of Ryoji Matsumura

locus.gif

fukei.gif



landtt.jpg


都市の真ん中に有刺鉄線を張り巡らされた空き地がいたるところにあった。
土管や建築資材が置き去りにされ、子供の背丈より高い雑草に覆われていた。
1960年代の日本は高度成長のまっただ中、
地上げを待つ開発に取り残された都市の真ん中の殺風景な土地、
私達は「ひろっぱ」と呼び、絶好の遊び場だった。

空をこえて、ららら、星のかなた・・・・・・
夢の超特急、東京オリンピック
ジェミニ計画、アポロ計画、月面着陸
未来に、宇宙に夢を馳せることができた時代だった


landp.jpg


1970年
大阪万博、70年安保の敗北、経済成長の絶頂期
私は中学生になっていた。
60年代に遊んだ「ひろっぱ」は建築現場になっていた。
ビートルズ解散、オイルショック、GNP神話の崩壊、ソイレントグリーン、
夢に満ちあふれているはずだった「未来」は虚像と化した

1976年大学入学、
70年に熱く吹き荒れた学園紛争の嵐は沈静化され、
寒々しい平和な学園風景だった。
「遅れてきた青年」
その意識が私の身体を支配した


lspro.jpg


自分の中に燃える若きエネルギーは行き場を失い
「我らの時代」を感じさせる「何か」を求めて彷徨っていた。
そして、カメラバッグを背負い北に向かう列車に乗った
私は「何」を見たいのか、「何」を求めているのか、「何」を残したいのか
それが解らないままシャッターを押し続けていた。

印画紙に浮かび上がってくるのは、いつか遠い昔に見た光景
既視的光景の数々
失われた光景たち
私は、いつしか原風景を求め彷徨っているのだった。
「原風景への回帰」
そして、またカメラバッグを背負い旅に出る




fukei.gif
Entrance of the Exhibition Space




title4.gif


self.jpg


松村亮司

Ryoji Matsumura

1957年 大分市生まれ

乙女座 A型



tonnel.jpg


1980年 大分大学経済学部卒


1980年 東京綜合写真専門学校 研究科入学


重森弘奄氏、土田ヒロミ氏、渡辺兼人氏、谷口雅氏、金子隆一氏、平木収氏らに師事


1982年 東京綜合専門学校研究科 中退


大分に帰郷


light.jpg


1978 個展「北へ」(大分市晃星堂ギャラリー)

1981 「フォトジャム・イン・オオイタ」参加(大分市パルコ)

1981 個展「View」(東京青山ギャラリーOWL)

1981 グループ展「コンテンポラロイド」参加(東京虎ノ門ポラロイドギャラリー)

1981 「OWL Closing Party」参加(東京青山ギャラリーOWL)
OWLメンバー、および、小林のりお、飯田鉄、大西みつぐ、島尾伸三、谷口雅、伊奈英次らと

1982 グループ展「アーバン・ランドスケープ」参加(東京有楽町富士フォトサロン)


pl1.jpg


1982 「フォトジャム・イン・オオイタ2」参加(大分市パルコ)

1984 個展「松村亮司作品展」(大分県湯布院町ワークハウス)

1991 個展「ランドスケープス」(別府市LOFT)

1994 絵画の足利桂子と二人展「原風景」(別府市シックプラザ)

1995 個展「Photo Sketch in Oct.1995」(大分県湯布院町喫茶「O」)




fukei.gif
Entance of the Exhibition Space



lost.gif
New!  The Photo Exhibition of Ryoji Matsumura 2

Produced by M's Factory



M's Factory Bookmarks  「Photogragh」

ご感想お待ちしています 松村亮司 ryoji@fat.coara.or.jp
写真の承諾無しの転載はご遠慮下さい

All images in this site are the exclusive copyrighted material of photographer Ryoji Matsumura.
All rights are reserved.