大分生活語辞典

{ア}
アカ         酒(もと、仏前に供える水のこと) アガリバナ      玄関のあがりぐち アギ         あご(古語 あぎ・あぎと) アグル        嘔吐する アケズ        とんぼ(古語 あきつ・あきづ) アゴタン       おしゃべり アサゲ        朝食(古語 あさけ・あさげ) アシアレー      田植え終了の祝い・サナボリとも アジロシー      上出来・立派だ アセグル       かきまわす アタダニ       急に(あはただしの転か) アタル        さわる・いじる アツカマシー     むし暑い(臼杵周辺) アッタレー      惜しい(古語 あたら・あたらし) アテコスリ      マッチ アド         かかと(九州独特) アヨトリ       後妻 アナホリ       きつつき アバカン       容器などに入りきらぬ アバクル       はれものなどの口が乱れる アボ         餅・兄・ばか アマラッシャル    雷が落ちる(天降る?)「雷様がアマラッシャッたげな」 アメガタ       飴・水馬(あめんぼ) アユル        果実などが熟して落ちる(古語 零(あ)ゆ) アラアケ       田植・田植前に田をかきならすこと アラシコ       若い元気な雇人 アラマシナ      荒っぽい・いいかげんな アンベー       健康状態 {イ} イー         労働交換・ゆい イーコロ       かなり・たくさん「もうイーコロ食うた」 イーメク       実力以上に見える「(おかしな着物だが)わしが着るとイーメクだろう」 イエカリー      かたつむり イカズゴケ      売れ残り・オールドミス イカリナバ      彼岸花(曼珠沙華)<植> オリバナ イキダーシー     息苦しい・息が絶えそうだ イキル        威張る イケズ        いじわる イコズル       ふざける・たかぶる イサギー       勇ましい・いさぎよい イシャコロシ     どくだみ<植> イタラムネー     つまらない・至らない イチンクレ      夕暮れ(一の暮れ) イッカクル      水などをそそぎかける(沃懸くる) イッカケ       どうしても・決して「イッカナ聞き入れん」 イツケ        幼児を背負う時などに結ぶひも −>イツケヒボ イツケヒボ      幼児を背負う時などに結ぶひも −>イツケ イッケ        親類(一家) イッケンケン     片足飛び イッスンズリ     少しずつ前進する「イッスンズリの渋滞」 イッセキ       一所懸命「イッセキ勉強したんじゃが…」 イッセン       散髪屋(一銭) イトウナギ      鰻の幼魚・しらす イドコネ       うたた寝(居床寝?) イトナム       なげく イヌガラミ      ノブドウ<植> イノチキ       生計 イバカリ       わがまま「そんなにイバカリ言うもんじゃない」 イビシー       気味がわるい・きたない・恐ろしい(古語 いぶせし) イヒューナ      奇妙な・異風な イビル        からかう・いじめる・あぶる イブシコブシ     でこぼこ イミル        増(ふ)える イヤリ        蟻(あり) イラ         うろこ・垢(あか) イラバカス      からかう・いつわる イルータカ      かまうな(弄(いろ)うものか)「彼女が怒るかも知れんがイルータカ」 イレクル       ごまかす イロー        さわる・いじる(弄う) イロク        乾く インギリマメ     隠元豆 インノクソ      麦粒腫(ものもらい) {ウ} ウー         麻・麻糸 ウーゴ        長男→オンゴ ウーバンゲーナ    粗雑な(ウーバチゲネーとも) ウカラ        親族(古語 うがら) ウスル        牛馬に背負わせる「重いから馬にウセて行け」 ウゼツネー      うっとうしい ウタチー       きたない(古語 うたてし) ウチガマ       内また歩き←→ソトガマ ウッスル       捨てる(ウスツルとも 古語 うちすつる) ウッタツル      補強する・くっつける ウドグレー      うす暗い ウドボユル      強く泣く・長泣きする ウドム        うなる・鳴動する「風が強くて凧の糸がウドム」 ウノー        雌牛(オナメよも、古語 うなめ)→雄牛 コッティー ウラ         末・先端(古語 うら)ウラメシー きたない {エ} エースロー      機嫌をとる エーラシー      かわいらしい エシレン       つまらない エバ         くもの巣 −>ネバ エブ         荷札・票箋(絵符(えぶ)?) エボシ        鶏冠(とさか)(烏帽子) −>ヨボシ エムル        しかる エンヤット      ようやく {オ} オーキニ       ありがとう オーケ        持ち 「樫の木は燃えオーケがある」 オーコ        にない棒(古語 あふご) オーチャキー     横着な オードーナ      横着な オードシ       大晦日(おおみそか) オーネ        元来 「彼はオーネ根性の曲がった人よ」 オカウナギ      へび オカタ        おくさん(古語 御方) オカチン       餅(古語 かちいひ=搗飯) オガモ        かまきり(拝むようなかっこうから) オキ         炭火 オキセン       情婦 オキャクサン     ねずみ −>オヨメサン オクサン       ねずみ −>オフクロサン オコズク       からかう・いじめる(古語 痴(をこ)づく) オコトオイー     お忙しい・お取りこみ オゴメン       ごめんください オコヨー       小便(お小用) オゴル        叱る・さわぐ オサ         えら(鰓、機織りの付属具をさに似ている) オジー        恐ろしい(古語 おぞし) オセ         おとな(大兄(おほせ)) オタカラ       おりこう・ばか(御宝) オチョクル      からかう オッカン       お母さん→オットン オッサン       おじさん・和尚(おしょう)さん オットロシヤ     おやおや・それはまあ「オットロシヤ、もう来なはったんかえ」 オットン       お父さん→オッカン オトゴ        末子(古語 乙子・弟子) オトコシ       下男・男衆→オナゴシ オトコジリ      しりはしょり オドシ        かかし・雑炊(お雑炊(ぞうすい)のなまり?) オトッコ       男児→オナンコ オドロ        うどん・麺類 オドロク       目が覚める(古語 おどろく) オトンボ       末子 オナゴシ       下女・女衆→オトコシ オナメ        雌牛(ウノーとも 古語うなめ)→雄牛コッツィー オナンコ       女児→オトッコ オバチ        しっぽ オバネ        山頂・峠 オバンデゴザリマス  今晩は(あいさつ) オヒナレ       お早う(古語 御昼成れ)→オンヨレ オフクロ       ねずみ・ふくろう オボユル       成績がよい オミー        雑炊 オミキスズ      神酒徳利 オヤカタ       地主・兄 オヨンナレ      おやすみ(御寝(よ)んなれ)→オヒナレ オラブ     どなる・叫ぶ(古語 おらぶ) オリバナ       彼岸花(曼珠沙華)<植> −>イカリナバ オロ         少し・大して……でない「オロ痛む」(古語 疎(おろ)) オロイー       わるい・心がきたない(疎良(おろよ)い・悪い) オンゴ        長男→ウーゴ オンマイトリ     地主(御米取り? 恩米取り?) {カ} カイトシタ      気前の良い「彼はカイトシタ人間じゃ」→キサンナ ガイニ        たいへんに・はなはだ カイワルル      孵化する カカラ        サルトリイバラ(サンキライ)<植> −>カンカラ、サルカケ カキ         間(ま)「バスのカキおうた」 カク         2人以上で担ぐ「御輿カキ・柩カキ」 カクチ        酒屋でのます桝飲み(角打ち?) カクサン       奥さん・母(母様(かかさま)のなまり?) カグムル       頭で持ち上げる・頭がぶつかる「ランプをカムグルな」 カクラ        集落・狩場 カグラマイ      みずしまし カクレイワ      暗礁 カゲヘラ       日陰地 ガゴ         熊手 カサ         かみ手・上(かみ)の方 カザム        匂いをかぐ カサワクド      ひきがえる カシキー       賢い・わるがしこい カジクル       寒くてちぢこまる カス         水にひたす(古語:浸(か)す) カスワレー      おかしくもないのに笑うこと(滓笑い) カタイシ       つばきの実(カタイシボーズとも) カタクマ       肩車 −>ビビンコ カタグル       担ぐ(肩上ぐる) ……カタジー     ……ながら「飲むカタジー話そう」(飲みモッテとも) カタナゴ       片足飛び カタヒル       半日 カタル        参加する(荷担る? 古語:かつ) カツガツ       片端から(古語:且且(かつがつ)の転義) カッスル       加勢する・手伝う(コロクスルとも) カテリー       交互に(カタリー・カタリガタリとも) ガトー        たくさん カネクーリ      氷・つらら(金氷) カブト        鶏冠(とさか) カブル        (罰を)受ける「そんなことするとバチカブルよ」 カベチョロ      やもり カベナシ       軒の下の土間 −>ヤダリ カマギ        かます ガマダス       精出す −>キバル カマツチ       粘土(竈土) カヤク        薬味・五目飯などに入れる調味品(加薬) カヤル        倒れる カラウス       石臼・水車(唐臼 カラウリ       かぼちゃ(唐瓜) ……カラコー     ……など「打ったりカラコーするな」 カラバメ       石女・産まずめ(空腹)−>カラメ カラメ        石女・産まずめ(空女)−>カラバラ ガラミ        エビズル<植>  ガラメ        エビズル<植> カリー        背負梯・背板 カルー        負う・担ぐ カワ         井戸 ガワタロー      河童(河太郎) ガンガラガン     損得なし「これでお前とはガンガラガンじゃ」 カングル       頭上に載せる(髪上ぐる?) カンコロ       ほし芋(カンコロ餅) カンジン       こじき(勧進)->ハッチー カンス        茶がま(鑵子(かんす)) ガンゼキ       熊手 ガンタレ       つまらぬ人・そまつなもの カンツキ       大鍋(鐶付のある大鍋) カンカラ       サルトリイバラ(サンキライ)<植> −>カカラ、サルカケ カンネカズラ     クズ<植> ガンネガカナワン   微力だ・体の自由がきかない {キ} ……キー       ……から「降るキー行かん」 キクラゲ       耳たぶ サンナ        快い・さっぱりした(気散な?)->カイトシタ ギシギシ       すいば<植> −>シーシントー ギシメク       威張る・肩で風を切る キジメクセー     きなくさい(キンネクセーとも) キタズ        ヌルデ<植> キニョンバン     一昨夜「昨夜」は誤り キバル        精出す->ガマダス キマイ        気絶 キャフ        湯巻 キュービ       今日・現今(キョービとも)「それはキュービの相場じゃ」 ギューラシー     仰々しい ギョーギジャワン   常用の茶わん(常時茶碗?) キョーコ       今後(古語:向後・饗後?) キョクル       ちゃかす(曲る) ギリ         頭のつむじ キリバン       まないた キリメクセー     きなくさい(キンネクセーとも) ……キル       ……できる「ひとりで帰りキル」 キンチャクゼニ    へそくり ギント        しっかりと「ギント結ぶ」 キンリョー      秤(大型の) {ク} ……グ        ……が「雨グ降った」(県南では「雨イ降った」) クサヤ        わらぶきの家屋 クサレニーリ     前後不覚に眠りこけること クサレ        意地わる クジ         苦情「この子はクジばっかり言う」 ……クセー      ……ものか「知ってクセー」(知ってこそあれ、知るものか) クゼ         屑 クゼツ        こごと・不平(古語:口舌・口説) グゼル        不平を言う・ぐずる(古語:口舌る・口説る) クチハンジャク    おしゃべり(口判者?) グツ         具合「朝からグツが悪い) グツニュー      決断力のない人・愚図 クド         かまど(古語:くと) クミハズレ      仲間外れ クユル        くずれる(古語:崩ゆ) クラワスル      なぐる クルー        怒る(狂う) クロガネカズラ    クマヤナギ クロボユル      泣き叫ぶ {ケ} ケーネ        垣根 ケーモー       死ぬ ゲサキー       下品な ケシネ        飯米(けし米 常用米) ケショーグサ     翁草 ケッカ        かえって・少しは・割合に「これはケッカうまい」 ケテクソ       縁起 ケトロク       つまらぬこと・おろかもの ゲドサレ       道楽もの(外道) ケナリー       うらやましい(古語:異(け)なりの形容詞化) ……ケン       ……から「降るケン行かん」(古語:「けに」のなまり) ケンケン       片足飛び ケンタイ       横着・無遠慮「他人の物をケンタイに使う」 {コ} ……コー      ……など「打ったりコーするな」 コーカ        ねむの木(合歓の木) コーシャクセー    なまいきな(巧者臭い?) コーズー       ふくろう コービナ       川蜷(かわにな) ゴーリ        からす瓜<植> ゴオリ        カラスウリ<植> コガネグサ      かたばみ<植> ゴキアレー      主婦・妻・嫁(御器洗い) ゴキテ        左手(御器手) コクル        ころぶ・倒れる コケ         垢・ふけ コズク        咳をする コズミ        稲藁を積上げたもの->トシャク コソグル       くすぐる コソバイー      くすぐったい ……ゴタル       ……のようだ(如くある->ゴトアル->ゴタル)「あした雨のゴタル」 コダレ        日陰地(木垂れ) コッケマクリー    あわてふためいて コッティー      雄牛(コッテ・コツとも。古語:ことひうし、許多負牛(ここたおひうし)?)->雌牛ウノー・オナメ ゴテークサレ     不精もの(五体腐れ) ゴテーシン      不精もの(五体死に) コトボシ       手燭 コトリババ      助産婦・子とりあげ婆->トリアゲババ コトワリ       謝罪 コナカラ       二合半(五合をナカラと言う、ナカラは半分) ……コナス      ……おおせる「時間がなくて書きコナサん」 ゴヌル        死ぬ(釈迦の死をいう御涅槃の転か。また四ヌル->五ヌルか) コバス        きどった言い方をする(古語:こばす) コビリー       おやつ(古語:小昼飯) コブ         蜘蛛(古語:こぶ) ゴヘーダ       石炭(北九州で五平太が始めて掘り出したという) コボ         こども(小坊主?)ワルコボは悪童 コマゴツ       こごと コマザレー      熊手 ゴメン        表つき下駄(御免下駄の略) コラユル       許す「どうぞコラエちおくれ」 ゴリョンサン     奥さま(古語:御寮人様) コロクスル      加勢する(公力(こうりょく)・合力(かうりょく)・協力(けうりょく)のいずれか)「ちょっとコロクシておくれんか」 コンゲンコロリ    すっかり・根こそぎ(根元ころり) コンタ        あなた・おまえ(こなた) コンブシ       ねんねこばんてん {サ} サカシー       健やかだ サズル        かき集める(又手(さで)で集める) サゼコム       かき集めて入れる(サゼは又手(さで)のなまり) サトガラ       スイバ<植> サド         イタドリ<植> サドガラ       イタドリ<植> サナボリ       田植終了の祝い(アシアレーとも。田の神を送る行事) ザマトレ       不精もの・横着もの サマンコ       小窓 サラバカ       大ばか サルカケ       サルトリイバラ(サンキライ)<植> −>カカラ、カンカラ サンゲンアシ     竹馬(鷺足->サゲアシ->三間足) {シ} シーシントー     すいば・すかんぽ->ギシギシ シカブル       おねしょする シカンサマ      神主 ジゲ         集落(古語:地下(ぢげ)) シコー        用意・準備(趣向?)「シコーして出かける」 シコル        はびこる・繁る(古語:「凝る」の転?) シシサラビー     肌寒い ジッテー       実直(実体?)「ジッテーなお人じゃ」 ジナシ        わからずや・かいしょなし(地無し?) シノー        農作物などのとり入れ、収穫(収納のなまり) シビク        (むちなどで)たたく シビトグサ      ドクダミ(じゅうやく)−>ハッチョウグサ シビトバナ(死人花) 彼岸花(曼珠沙華)<植> −>ハモゲ・ハモゲバナ・オリバナ・イカリナバ シャグ        おしつぶす「熟柿をシャイだ」 シャッチムッチ    無理に・わざと ジュジュグリー    真っ黒い・青黒い「肥料が効いて稲がジュジュグローなった」 ジョーシキ      強情「ジョーシキ言うな」「ジョーシキな男」 ジョーモン      美人(上物(じょうもの)) ショコンド      時計(セコンド、SECONDの転) ショックン      食用蛙(呉崎周辺、食とバックン=蛙=の合成語?) ショノム       ネタム(古語:そねむ) ショベンスル     商事を破約する ジリー        ぬかるさま(汁い?) ジリタブ       泥濘 シルシー       陰うつだ・煩わしい(汁しい?) シロキ        ネズミモチ<植> −>ネズミツバキ シロモン       妙齢の美人・年ごろの娘 ジロヨタロヨ     スミレ シンタク       分家(新宅) {ス} ズーシン       不精もの(胴死に?) スクバル       すくむ・ひれ伏す スケグチ       うけぐち スコタユル      うろつく スソゴ        末子 ズツネー       苦しい・なさけない(術なし?) スッパク       うそ(素破・透波・すっば抜くなど?) スビク        きりきり痛む スベリヒイバ     スバリヒユ<植> スボ         ごみ・ちり・つと・ふくらはぎ スムダル       結納(済み樽?) スム         水中にもぐる スモツクレン     役に立たない・つまらない(巣も造れん・酢も造れん?) スリツケギ      マッチ(摺り付け木) スワブル       しゃぶる(古語:すはぶる) {セ} セカラシー      忙しい・うるさい(古語:せからし) セキタン       石油(石炭あぶらの略) セク         腹が痛む・戸をしめる セゴー        いじめる・からかう セチー        せつない・苦しい・いやだ(古語:せつなし) セッチン       便所(雪隠) セボル        ねだる(古語:せぶる) セレゴ        もらい子をして育てているうちに生れる実子(競り合い子)−>セライゴ ゼングリ       水車の一種 セントナ       あいにくな センバ        稲こき(千歯) ゼンモン       こじき(禅門)->カンジン・ハッチー {ソ} ゾークル       からかう・おどける(道化る) ソーツク       ウソツクとも・歩きまわる ソーマツ       松の落葉(草まつ?) ソーラ        ささら・たわし・わらのたわし ソーリー       葬儀(葬礼) ソデトーシ      初生児のうぶ着(袖通し) ソバユル       しぐれる・ふざける(古語戯(そば)ふ) ゾメク        大騒ぎする(古語:ざわめく) ゾロビク       引きずる {タ} ターフル       机・卓子(オランダ語:ターフル、英語:テーブル) タグサ        ニワトコ<植> タグル        咳をする(古語:たぐる) タケウメ       クサボケ<植> タゴ         桶・肥料桶(担桶) タコロンバチ     竹の皮笠(竹の子の鉢?) タタイ        満潮(湛え) タダイモ       さといも(普通のいも) タダモン       いやが上にも・ひたすら(直物) ダッシモネー     だらしない・法外な(埒もない、埒外) タナモト       台所・主婦座(棚元) タノ         たぬき ダル         疲れる(古語:だる) {チ} チェンプナ      たいへんな・多くの チキリ        秤 ……チコ       ……だよ「そうチコ」……ってば「早う行け チコ         「…とこそ言へ」の縮転 チチマワス      ぶんなぐる チモト        わけぎ<植>(千本(さもと)・分葱(わけぎ)) チューカン      お調子もの チョーズバ      便所(手水場) チョクシバリ     酒を飲ませて自分の意に従わせること(猪口縛り) チョコバイー     くすぐったい、 ……チョル      ……ている「雪が降っチョル」->…ヨル チョーレン      かまきり {ツ} ツクナム       しゃがむ(古語:つぐなむ) ツグラメ       かたつむり ツズ         唾・粒(古語つ・つは) ツナデ        ついで ツバ         くちびる ツブシ        膝・膝頭(古語:つぶし) ツボ         庭(古語:壺、中庭のこと・坪) ツマグレ       ほうせんか(爪を紅に染めた、ツメクレナイ->ツマグレ)->トビシャク ツルノキ       ユズリハ<植> −>ツルノハ ツルノハ       ユズリハ<植> −>ツルノキ ツルマゴ       やしゃご(蔓孫?玄孫) ツワ         ツワブキ<植> {テ} テーガテー      ありがたい・あいにくだ・恥ずかしい(堪え難い) デーロ        やすでデーロがフ(かめむし)を笑う」 テゴ         手篭・助手(手子?) テシオ        小皿 テネグル       もてあそぶ テボ         手籠 テマガエ       労働交換・ゆい テレット       ぼんやりと テンバ        おしゃべり(共通語の転婆はでしゃばり女のこと) テングノウチワ    ヤツデ<植> −>ヤツガシラ {ト} トーガキ       いちじく(唐柿) トーキビ       とうもろこし(唐黍) トーシー       いつでも・常に(通し?) ドージマ       駒下駄(大阪の堂島) ドーズ        米のとぎ汁(雑水?) トーチキ       直ちに トーネ        一歳馬(当年子) トーマメ       そらまめ トクマイトリ     地主(得米取り) トゴユル       あばれる(ドゴユルとも) トシャク       稲藁を積みあげたもの(稲積の音読)->コズミ トゼネー       さびしい・うるさい(古語:徒然) トチケムネー     途方もない トバコツ       たわごと トビシャク      ほうせんか(種が飛び出すので)->ツマグレ ドヒン        どびん・やかん トブ         走る ドベ         びり・どんじり・末席 トボクモネー     途方もない トラスル       たたく「文句言うとトラスルぞ」 トリアゲババー    助産婦(コトリババとも) トワズ        でたらめ(「問わず語り」の「間わず」) ドンザ        つづれ着物・どてら(ドンダとも) ドングリ       クヌギ<植> ドンノクビ      ぼんのくぼ(盆の窪) {ナ} ナイ(ナエ)     地震(古語:なゐ・なえ) ナイショゴ      私生児(内証子) ナオス        しまう・片付ける ……ナキ       ……から「雨が降るナキやめた」 ナケベソ       泣きむし ナベカブリ      仲間はずれ ナマシー       生生しい ナラシ        室内で衣類などを掛ける竿 ナラチャ       飯わん ナラワスル      教える ナリー        傾斜がゆるい・平らだ −>ナルイ ナルイ        傾斜がゆるい・平らだ −>ナリー {ニ} 二ール        眠る(古語:寝入る) 二ガゴーリ      にがうり ニクジ        いたずら・わるさ ニシ         おまえ(古語:主)・西風(平板アクセント) ニシゲ        おまえの家 ニュージ       虹 ニワ         土間(古語:には)   {ヌ} ヌキー        暑い・暖かい・愚鈍だ   {ネ} ネキ         側・際(古語:ねき) ネズミツバキ     ネズミモチ<植> −>シロキ ネブル        しやぶる・なめる(古語:ねぶる) ネマル        飯などがくさる(古語:ねまる) ネンガラ       根木打ち遊び ネンゴクセー     なまいきな・こしゃくな(年功臭い?) ネンブン       いつも・年中   {ノ} ノイネ        陸稲(野稲) ノグミ        ナワシログミ<植> ノサリゴツ      運命 ノフーナ       横着な ノボリ        紙だこ ノロヨキー      田植祝い(ノロは田・田植の意)->サナボリ {ハ} ハゲラシー      はがゆい(はがゆらしい) ハザクル       仲間はずれにする バサレー       非常な・法外な(室町時代の流行語 ばさら) ハジカイー      いたがゆい −>ハシカイ  ハソ         波止場 ハダツル       企てる(古語:はだつ・はだつる) ハッチョウグサ    ドクダミ(じゅうやく)<植>−>シビトグサ ハッチー       こじき(托鉢の「鉢」より?)->カンジン・ゼンモン ハトコロシ      アオツヅラフジ<植> 八ナガラ       つゆ草<植> ハナグリ       牛の鼻に通した輸(鼻刳り?) ハナシクイ      話題にした食物をすぐに食べたがる人(話食い) ハブタ        短気・やけ「ハブタカヤスな」(短気を起こすな) ハマゲタ       高あしだ ハマル        精出す・入る「暑いので海にハマッた」->ガマダス・キバル・ハリコム ハミ         牛馬の飼料・かいば(食み) ハモゲ        彼岸花(曼珠沙華)−>ハモゲバナ・シビトバナ ハヤフロ       七輪 ハリコム       精出す−>ガマダス・キバル・ハマル ハワク        掃く ハンゴー       都合「ちょいとハンゴーがわるい」 バンタ        置きごたつ ハンド        水がめ(古語:センドウ蹴繊) {ヒ} ヒーロ        蛾 ヒエマチ       やけど(火あやまち、あやまちは怪我 ヒオチ        干漸(干落ち) ヒカリ        あみだくじによる出しあい会飲(動詞 ヒカル) ビキ         蛙 ヒキマワシ      マント ヒタラシー      雨にぬれていやらしい(浸らしい?) ヒトスベー      来客などのある時に特にはしゃぎふざけること・人(人見知りの反対。人戯(そば)え) ヒボカス       乾かす・魚などを遠火で焼く(古語) ヒヤメシ       次男以下・末子 ヒヨコグサ      ハコベ<植> ヒョクナ       奇妙な(曲な?) ヒラクチ       まむし・ぞんざいなことば・常のことば・方言 ヒンガナイチニチ   終日(ひがないちにち) ヒンノトーゲ     貧乏の頂上 ビンビコ       肩車(ビンは鬢)->カタクマ {フ} フ          運(賦?)「怪我がなくてフがよかった」・かめむし(平板アクセント) フーネー       こわい(法無し?) ブエン        無塩の生魚(古語:ぶゑん) ブク         ねんねこ・どてら −>コンブシ フクノカミ      ねずみ フクマシー      食べ過ぎて腹が重い・超満腰感 フケ         湿地・深田 ブゲンシャ      財産家(分限者) フゴゴーナ      手足が不自由な フジクラ       麻裏ぞうり(藤倉草履の略) フタバ        よもぎ<植> −>ハタバツバ・フツ フタバツバ      よもぎ<植> −>ハタバ・フツ フツ         よもぎ<植> −>ハタバ・フタバツバ フミツギ       踏み台(踏み継ぎ) フユアケビ      ムベ<植> −>フユアケブ・モリアケビ フユアケブ      ムベ<植> −>フユアケビ・モリアケビ フユーナ       無精な(「富裕な」の転義?) フラフ        漁船の旗(オランダ語vlag) {ヘ} ベーベー       子牛(鳴き声から?) べーラ        枯れ技・そだ(バイラとも) ヘキトスル      落胆する ヘソバーサン     助産婦(臍婆様・コトリババ,トリアゲババとも ベッコ       吐瀉・へど・牛の子 ヘラ         アオギリ<植> ベンクーナ      こしゃくな・口達者な(古語:弁口な) ヘングル       変わる・悪化する・わき道にそれる(古語:変化る) −>ヘンゲル  ヘンジョーコンゴー  あれこれ文句を言うこと,小言(遍照金剛) ベンゼー       主人・老人(弁済使の転義), {ホ} ボーズル       ぼける(惚ずる?) ホーソバナ      れんげ草(宝蔵花) ホーチョー      豊後式煮込みうどん(飽膓?包丁?) ホートクネー     きたない・不潔な ボーブラ       かぽちゃ ホカウ        神柵に供える・祝う(古語:ほかひ・ほく) ホキ         崖・絶壁(古語:ほき) ホグ         穴をあける ボク         失敗・だめ ホグル        穴があく,牛が角で失く ホケ         湯気・呼気(古語:火気(ホケ)) ホゲホッポー     でたらめ・理の通らぬこと(ホゲは法外?) ボサツ        米(古語:菩薩の転義) ホシャドン      神主・みずすまし(奉者殿?) ホタユル       ふざける・増長する ホタル        捨てる・投げる ホッポラヌキー    むし暑い ホトブル       水分を吸収して膨脹する ホトメク       歓待する ホメク        むし暑い・ほてる(古語) ボヤクル       からかう・ばかにする {マ} マキソデ       筒袖(巻き袖) マズー        つぐなう・弁償する「お前がマズェ」 マッピー       まっさおな マツボリ       へそくり マツボリゴ      私生児 マテー        おとなしい・気が弱い(古語:全(また)し?) マブル        見守る・他人が食べているものをうらやましそうに見る(古語まぽる・まもるの転) マメス        まぶす マメロシー      かいがしい・まめまめしい マン         縁起「茶柱が立ったからきょうはマンがいいぞ」 {ミ} ミタオシ       外見で評価すること(見倒し)「山の値段はミタオシでいこう」 ミツル(ミテル)   なくなる・尽きる ミンパ        耳たぶ(耳羽?) {ム} ムゲネー       かわいそうだ(古語:むげなし・むげちなし) ムゾガル       かわいがる {メ} メース        おべっか(古語:売僧(まいす)) ……メセ       ……なさい「早う行きメセ」 メタラク       やたらに「メタラク食うもんじゃない」 メンドシー      恥ずかしい。休裁がわるい(古語:めんだうし) {モ} モーガンコ      つらら(馬鍬(まぐわ)の子) モッコベコ      越中ふんどし(モッコの形のふんどし) モリアケビ      ムベ<植> −>フユアケビ・フユアケブ {ヤ} ヤケネー       ふびんだ・やるせない ヤセウマ       豊後式の小麦粉ひきのばし団子 ヤゼネー       忙しい・うるさい ヤツガシラ      ヤツデ<植> −>テングノウチワ ヤツガイ       晩酌(おやつが晩酌に転義?) ヤッシャ       乱暴もの・無法者 ヤマミカン      ヤブコウジ<植> ……ヤラコー     ……など「打ったりヤラコーするな」 ヤーリー       しばしば・たびたび「ヤーリー来ちや困る」 ヤワタロ       青大将(家渡り) {ユ} ユーサリ       日ぐれ(古語:ゆふさり) ユキアシ       竹馬(雪足) ユサンゴ       ぶらんこ {ヨ} ヨコザ        いろりの上座・主人の座 ヨコロ        余分 ヨダキー       大儀だ・ものうい(古語:よだけし) ヨダツ        思いたつ・企てる ヨド         前夜祭 ヨトリ        長男(世取り) ヨロシー       弱弱しい ……ヨル       ……つつある「雪が降りヨル」->…チョル ヨロー        連れだつ(寄り合う?)「ヨローち行こう」 ヨンガンヨズシ    終夜 {リ} リーシー       達者だ(凛凛しい?) {レ} レンギ        すりこぎ(連木) {ロ} ロクショムネー    意地わるい ロクニスル      あぐらをかく(古語:ろく、平らの意) {ワ} ワキャガル      ふざける(沸き上がる) ワヤク        いたずら・じゃま(古語:抂惑(おうわく)の変化した語) ワンギ        夫婦の別居・合議離婚(古語:和議の変化した語?)「日葡辞書」還議(わんぎ))


参考文献:大分県史方言篇 第9章 めぼしい方言六〇〇選
      :大分弁語録解説 大分インフォメーションハウス刊
      :漢方と民間薬百科(大塚敬節 且蝠wの友社)