沖縄旅行の はなし

沖縄に行って来ました!2年ぶりの沖縄。ここではその旅行日程を写真と共にお送りします。
3泊4日の小旅行です。沖縄の新鮮な空気を、皆様に少しでもお伝えできれば。。。

♪♪このページは音楽が流れます♪♪

 初日@: 那覇空港12:35着。沖縄は梅雨入りしているだけに天候が心配されましたが、ちょうどこの日は曇り空程度で、雨も降りませんでした。まずは空港から那覇国際通りへ。懐かしのA&W国際通り店で昼食。お薦めはオレンジジュースとコールスロー。甘さがアメリカン。一息ついて市内線バス12番に乗って首里へ。当蔵下車。歩きながら母校沖縄芸大前を通り守礼の門へ(写真1)。露店なども出ていて、ヤシの実ジュースが飲めます。その足で隣の首里城へ(写真2)。入り口では琉装をしたお姉さん(通称めんそーれのお姉さん)と一緒に写真を撮ることが出来ますが、これは有料です。この首里というところは那覇の高台に位置し、那覇市内が一望できます。首里場内では琉装をした男の方がたくさんいて、園内あちこちでいろいろ案内してくださったりします。この方と写真を撮るのは無料です。

守礼の門 @守礼の門    首里城正殿 A首里城

 初日A: 途中、カメラの調子が悪くなり、バスで国際通りまで戻り、カメラやさんへ直行。すでにこの時点で4時過ぎ。宜野湾市にあるホテル「ラグナガーデン」にメル友のsakima氏の車で向かいました。途中国道58号線沿いの変わったこと。モノレール工事が進んでいるのと、牧港のモスバーガー前の道路が開通していてびっくり。ホテルはとってもきれいなリゾートホテルです。ツインの部屋もゆったりしていてGOOD!オーシャンビューで、天気だったら夕焼けがキレイだっただろうな。その夜は沖縄時代の友人らと首里の居酒屋で夕食。ここで初めて「なーべらー(へちま)」を食べました。なすのような柔らかさと甘さにびっくり!へちまって体をこするだけではないんですね。あとは定番豆腐チャンプルー、らふてー、そして沖縄では欠かせないオリオンビール(写真3)と泡盛。ホテルに戻ったのが深夜2:30を過ぎていました(^^;)

オリオンビール Bオリオンビール デザインがキュート☆内地のビールもこれぐらいかわいいと良いのに。。。

 2日目@: この日は朝10:00より沖縄のメル友sakima氏の車で沖縄本島中北部をまわりました。BGMはディアマンテスとsakima氏のお知り合いの「ジョニー宜野湾さん」の曲。沖縄のドライブに良くあいます。まずは絶対見たかった「佐喜眞美術館」へ。ここには丸木位里・俊夫妻の「沖縄戦の図」が常設してあります。作品の大きさ、迫力に圧倒。しばらく動けませんでした。入館料は大人600円です。この美術館は今話題?の普天間基地のすぐ横にあり、屋上からは普天間基地を見ることが出来ます(写真4)。美術館横に張り巡らされた基地のフェンスが妙に物々しかったです。この宜野湾という町はドーナツ上になっていて、真ん中に普天間基地がすっぽり入っています。基地の周りを町が囲むところです。美術館横には沖縄独特のお墓「亀甲墓」を見ることが出来ます(ここでなくても見ることは出来るけど、ここのは結構大きいです)(写真5)。

佐喜眞美術館からの景色 C佐喜眞美術館屋上より。コンクリートは基地の滑走路です。亀甲墓 D亀甲墓

 2日目A: 国道58号線を北上し、北谷町砂辺を見て恩納村のリゾートゾーンへ。天候も良く、海もきれいでした。まずは念願の「琉球ガラス」の制作に挑戦!(写真6)私はブルーのビアグラスに挑戦!いろいろな形が選べるし、職人さんが優しく手ほどきをしてくださるので、私のような未経験者でもばっちり!作品はというと、手作りのいい味出ている(つまりゆがんでいる(^^;))ものができあがりました(写真7)。体験もあっという間に終わり、次は景勝地、万座毛へ。晴れてて良かった。ここはとにかく晴れていて欲しかったポイントで、絶景でした(写真8)。ドライブインにて沖縄そばを食べました(写真9)。結局この3日間、昼食はずっと沖縄そばだった私。。。でも飽きないんだな、これが(*^_^*)

琉球ガラス体験風景 E 私の作った琉球ガラス F 万座毛 G 沖縄そば Hこれが沖縄そばだ!

 2日目B: さらに北上し、サミットの開かれる名護市を通過。ダチョウランドへ!とにかくでかい。。。背中を見せるとつつかれそうだった。。。そして今帰仁村のおっぱ岳に上りました。ここから眺める羽地内海の景色は最高!5年も沖縄に住んでいたのにこんな良いところを知らないなんて!(写真10)沖縄はほとんど平地なので、こういう高台は貴重。その後海洋博記念公園そばへ行き、そこから見える伊江島の「たっちゅう」を撮影。このように出っ張った山のうちなーぐちでことを「たっちゅう」と呼びます(写真11)。途中私の大好きなアイスクリン(詳しくは沖縄のはなし食べ物編を)を食べ、満足満足!(^^)!最後名護市の入り口にある「許田の道の駅」へ立ち寄り一休み。夕食はメル友のsakimaさんご一家と楽しく円卓を囲み、奥様とお子さんの手作りケーキまでごちそうになりました。ホテルで冷やして食べたけど、とってもデリシャス!レシピ求む<(_ _)>
ホテルは那覇市内にある「ロアジールホテル沖縄」。ここもシティーホテルとリゾートの中間ぐらいで、とっても華やかなところです。空港から10分と便利。ホテルの備品もかわいい物ばかりで女性にお勧め。沖縄では珍しい温泉があります。

おっぱ岳からの風景 I眺め最高! 伊江島たっちゅう Jかわいい形。これが「たっちゅう」

 3日目@: この日は沖縄本島南部をsakima氏の車でまわりました。私は沖縄で一年、中学校で美術を教えており、その学校前を通過。何とも懐かしい風景でした。うーじー畑(サトウキビ畑)に囲まれた国道331号線をひた走り、玉城村の「奥武島」へ。この日が一番晴れていたので、海も真っ青!裾を曲げ、足だけは海につかりました。(写真12)貝殻や珊瑚も記念にとってきました(*^_^*)奥武島をあとに、次は「玉泉洞王国村」へ。ここは沖縄ツアーには必ずと言っていいほど入っているポイント!私がいた頃とは違って、ずいぶんキレイになっているし、様々な催しものも。ここではエイサーを見学(写真13)やはりかっこいい。。。(*^_^*)

奥武島の海 K晴れていてGOOD! エイサー L見えづらい!!

 3日目A: 那覇市に戻り「那覇伝統工芸館」へ。ここでは琉球ガラスに続き沖縄の伝統工芸「紅型」に挑戦!(写真14、15)難しかったけど、こういう形で想い出が残るのもまた良し(*^_^*)1時間ほどかかりました。作品と向き合っていると汗が吹き出てくるほど、とにかく暑い一日でした。この日は夕方にはホテルに戻り、陽の高いうちにロアジールホテル内の温泉で汗を流しました。なんて贅沢!極楽極楽!最後の夕食もメル友のsakima氏にごちそうになり、頭が上がりません<(_ _)>お肉、おいしかった(*^_^*)sakima氏と別れたあと、ホテル近くのスーパーへ行き、沖縄グッズを仕入れてきました(^_^)v

  紅型制作風景 M私は左利き(^^) 紅型完成品 N完成!

 最終日: 夢のような4日間もこれで終わり。ホテルの朝食を食べいざ国際通りへ!!まずはつい立ち寄ってしまう「公設市場」へ(写真16,17、18)。ここはとにかく沖縄が「日本」であることを忘れさせてくれます。独特の食文化を支える市場です。そしてやはり国際通りといえばお土産物。やはりお土産の定番はちんすこうでしょう。この日も暑かった。。。気温29度。大きな荷物はホテルに置いてきたとはいえ、増え続けるお土産たち。暑さと重さにバテバテ。空港へ向かう前にメル友sakima氏の職場へ。キティーちゃん絵はがき沖縄バージョン(クリックすると郵政管理事務所のHPへ)ほか、ここでも沖縄レアグッズをいただきました(*^_^*)最後にホテルに荷物を引き取りに。想い出で重たくなった荷物は、ホテルのベルボーイが持ったとき顔が引きつっていた。。。だって鞄の中には泡盛、オリオンビール、グァバジュース、ゴーヤー茶等々液体がたくさん。それにプラスしてちんすこうなどを無理に詰め込み、引きずりながら空港へ向かいました。なんでもこの日を最後に那覇空港は新那覇空港へと引っ越しをする のだとか。私が住んでいた5年間、「ずいぶんここにはお世話になったなあ」、なんて感慨深げに機上の人となったのでした。機内でのアナウンスで、大分の気温は20度。ぎょえー!10度ほども差がある!降り立った大分は肌寒く、「現実に戻ったんだナー」と今までの夢のような4日間に浸りながら帰途につきました。

市場風景 O青い魚は刺身でもOK! 豚の顔の皮 P てびち Qちょき。。。 

沖縄限定ものへ沖縄のはなしINDEXへうちなーんちゅのはなしへ
沖縄のはなし初級編へ沖縄のはなし食べ物・飲み物編へ沖縄のはなし方言・文化編へ
 ホームへへ戻る