■あなたにできる支援があります!

■薬害の歴史を学びましょう
■肝炎の病気について学びましょう
■薬害肝炎の真実と被害の実態を学びましょう
■薬害肝炎の最新動向を常に新聞・テレビ・インターネットを使って知りましょう
■お近くの薬害肝炎関連の講演会・学習会に参加しましょう
■支援運動に参加しましょう
■薬害肝炎への支援、薬害根絶への願いをまわりの方々に伝えて行きましょう

 ■今すぐできる支援として
今後は具体的に「知る・学ぶ」「参加する」「伝える」を呼びかけて行きたいと思っています。

その方法として

@まず自分の思いを厚生労働省へ伝えて関心の高さを認識させましょう
(これは被告である国や厚生労働省へアピールして勝手なことは許さないという国民の目を意識させる効果を狙っています。)

▼厚生労働省
 http://www.mhlw.go.jp/
  ↓厚生労働省のメール受付フォーム
  http://www.mhlw.go.jp/getmail/getmail.html
  
  ↑ここに1000字以内の思いを書き込む事ができます。是非書きこみましょう!
-------------------------------------------------------------
(文例)「厚生労働省はやるべきことを当たり前にやってください!」私は厚生労働省の薬事行政に対して大いに疑問を抱いています。薬害エイズ以降も次々に薬害が起こっているのは「けんこう」「くらし」「いのち」の重みに対する認識がないからだと思います。これまでの薬害に対して省内での真摯な反省と謝罪がないからだと思います。現在の薬害肝炎について国や厚生労働省は無用の引き延ばしをせず、速やかに薬害の事実を認め謝罪と賠償のうえに、薬害肝炎にとどまらず肝炎全般について国の責任において早急に検査体制・治療体制を構築して下さい。また薬害肝炎訴訟の無用の引き延ばしに使う時間があれば、省内で薬害根絶の為のプロジェクトを設置して二度と同じ過ちを犯さないための政策協議に費やしてください。
-------------------------------------------------------------
 その他のキーワードとして
・薬害を繰り返さないで下さい
・被害者の元の身体、元の生活に戻して下さい
・薬害肝炎の被害者に心からの謝罪をして下さい
・肝炎の検査体制の無料化、治療体制の確立を至急実現して下さい
・肝炎に対する正しい知識を普及させるための啓発に力を注いで下さい
などを含めて思いを伝えて下さい。

-------------------------------------------------------------


A次に薬害肝炎訴訟で被告の国・厚生労働省を擁護している法務省に厚生労働省の薬害体質を正しましょうと伝えましょう。
▼法務省
 http://www.moj.go.jp/
  ↓法務省へご意見ご感想
  http://www.moj.go.jp/mail.html
  ここも1000字以内です。
(法務省はご意見等の専用メールアドレスwebmaster@moj.go.jpとFAX03−3592−7393も公開しています)
-------------------------------------------------------------
(文例)「法務省は厚生労働省の薬害体質を正せ!」薬害肝炎訴訟では、被告である国・厚生労働省の弁護に法務省の訟務部門が対応しているようですが、代理人として裁判に出席している方々はそもそも裁判官などを歴任した法の専門家であり、これまでの事実関係をみれば明らかに薬害で有ることは認識しているはずです。無用の引き延ばしに荷担せず、薬害を繰り返して起こす厚生労働省に対して薬害根絶のアドバイスをして下さい。省庁間の相互監視による緊張感が必要です。どうか厚生労働省の過ちを法務省が認めさせ、厚生労働省の薬害体質を正して下さい。
-------------------------------------------------------------

@A共に一気に大量に行く必要はまだありません。
薬害肝炎訴訟は今年の年末に結審を迎える予定で動いています。第一次、第二次の山場がきっと来ます。その山場に向けて徐々に厚生労働省や法務省にボディブローのように皆さんの思いが重しとなるように徐々に届けばいいと思います。
時間を見つけて@Aに書きこみ送信をお願い致します。


Bその他もあるけど…
関係する国会議員に思いを届けるという方法もあります。しかし今はメールを公開していない議員も多く、時間をかけて後援会のメールやFAXなどを調べて行きたいと思います。

まあ候補となるのは
▼尾辻 秀久(おつじ ひでひさ) 厚生労働大臣
  参議院: 比例代表 (当選3回)本籍は鹿児島県加世田市
  http://www.otsuji.gr.jp/   mail@otsuji.gr.jp

▼南野 知惠子(のおの ちえこ) 法務大臣
  参議院:比例代表(当選3回)  http://www.c-nohno.com/

▼鴨下 一郎(かもした いちろう) 衆議院 厚生労働委員会 委員長
  選挙区:東京都第13区 (当選4回・医者)http://www.kamoshita.gr.jp/

▼岸 宏一(きし こういち)    参議院 厚生労働委員会 委員長
  選挙区: 山形県(当選2回)   http://www.kishikouichi.org/

▼横路 孝弘(よこみち たかひろ) 民主党 ネクスト厚生労働大臣
   選挙区:北海道1区(当選8回)
    http://www.yokomichi.com/  webmaster@yokomichi.com

■□■  □■□  ■□■  □■□  ■□■  □■□