45[2007/02/16号]
【福田衣里子:九州原告】来週2月19日は第1回控訴審がとうとう始まります。私や山口さんも意見陳述をおこないます。九州各地で、また東京の実名公表原告の地元でも、支援の会が立ち上がりつつあり、嬉しいです。しかし、控訴審に移り裁判が長引いています。この瞬間も肝炎患者がウイルスにむしばまれ続けています。一日も早く解決につながるよう努力したいです。応援をよろしくお願いします。■2/19(月)14時〜福岡高裁、集合は13時■重要なお知らせ「まるまが移転予定」で検討中です。詳細は後日お知らせ致します。


44[2007/02/09号]
【九州原告・小林邦丘】2月10日いよいよ大分支える会が発足します。提訴時からずっと変わらぬ支援をしてくれている大分の方々にはいつも感謝しています。『大分にも患者さんは沢山いるのにねぇ』と話していましたが、ご存じの通りカルテ・投薬証明などなかなか原告さんになるには、ハードルが高いようで・・・!しかし今回の追加提訴で大分から原告さんが出てきてくれました。病気の体で、国と大企業を相手に闘ってます!もうこのような事が二度と無いことを願って!10日沢山の方の参加をお待ちしています。■2/10(土)14:00〜「薬害肝炎を考える集い〜支える会・大分の支援を力強く〜」大分市・オアシス21地下1階


43[2007/02/02号]
【九州原告・出田妙子】美しい国、安倍総理が発言するたび、そのうすっぺらさが聞くに耐えられない。そして今度は柳澤大臣の女性蔑視発言。なぜこれほど女性の怒りを買っているのか、本人は本質が何もわかっていない。男性社会のエリートコースを歩いてきたこの人に、少子化や、出産で肝炎に感染した私たちの苦悩など所詮わかるはずなどないのだ。■2/3〜12薬害肝炎・大分パネル展

――――――――
めるまが履歴に戻る
――――――――
もどる