主な出来事

2008/01/17 政府広報として納入先再公表

2008/01/15 国と基本合意書調印・福田首相面談

2008/01/11 救済法案成立

2007/12/23 福田首相が議員立法による一律救済を表明

2007/12/20 原告側が「命に線引きはない」として政府和解案を拒否

2007/12/13 大阪高裁、和解骨子案提示

2007/11/07 大阪高裁が和解勧告

2007/09/07 仙台判決「不当判決」

2007/07/31 名古屋判決「全面勝訴」クリスマシンの国の責任を初めて認定。)

2007/3/23 東京判決(みたび、国と製薬企業の責任を認める。但し、責任範囲は大阪判決と同じ。また、クリスマシンの企業責任を初めて認定。)

2006/8/30 福岡判決(大阪判決よりも踏み込んで国と製薬企業の責任を認めた勝訴判決ながらクリスマシンは全員請求棄却された)

2006/6/21 大阪判決(国と製薬企業の責任を認めた勝訴判決ながら年代によって責任の線引きを行った不条理な判決、またクリスマシンでは請求棄却)

2003 福岡・名古屋・仙台で提訴


2002/10 東京・大阪で提訴


もどる