10周年ありがとう

1995年5月16日に10周年を記念するパーティがあって、そこで、コアラ有志の方々からお花をいただいちゃった。  ありがとう。  だから、その写真を載せましょう。 めったにお花なんて貰うこと無いから照れちゃうな。 でもこんなに大きいのだ。 それで、私の部屋に小分けして飾ったら部屋いっぱいイイ匂い! 記念の紅白まんじゅう、記念マグカップもかっこいいでしょう。

困った、困った

は、今日もあまり寝ていない。
寝ていないとろくなことがないんだが。

 実は、初回につくってた私のホームページが壊れちゃったんで、修復しないといけ
ないが、、、まぁ、いろいろありまして。。。。


実は、前回は、新聞社の方の取材に同行して感じたこと、、、知事室の机の上の乱雑さは
私の机の上とかわらないなぁ、、、という写真と、、、そういったものを載せていたの
ですが、今回は、後藤幸彦さん提供の、
村山総理大臣のわが家の前での歓迎風景の写真を載せましょう。
 昨年の末、総理大臣就任後初のお国入りですが、私はこの自宅前にはいかなかった。
両手をあげて集まった人にポーズ。
本当にたくさん、あの狭い道路に集まってる
やはりマイクで一言。
 で、実は、12月30日だったか、ホテルであったパーティは歓迎のスピーチがなか
なかにユーモアのあるものがあって(眉毛の長い総理を見ると国民はみんな長寿を嬉し
むふくよかな気分になりますねぇ。。。等)、大いに笑ってしまった。
  ということで、今日はこのぐらい。
                         tooru@fat.coara.or.jp
                                                                             尾野 徹

 以下は、いそうろう安部じゅんこさん、の、弁〜。  わが家に一月8日ぐらいに遊びに来た時の一こま。 -*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*- いやはや寒いといえば、ニューヨークのビル風ほどつらいんもんはありませんよ。朝は 、セントラルヒーターが異常にスチームあげて汗かいて目が覚め、熱い中シャワー浴びて 、そのまま外に出たときは、天国と地獄。  ビュービューブオーブオーと高層ビルの間からこれでもかと言わんばかりの強風。髪の 毛は、ばりばりに凍うっちゃし、鼻水も凍ってしまうし、耳なんて、気をつけないとボロ ッとちぎれてしまいます。そいでまたSUBWAYに乗ると髪の毛と鼻水が溶け恥じめく る。その時は、とってもあんたま、いっぱしの娘さんがアジャパーよ。  ホント寒いじゃないよニューヨークの寒さは、「何で、、、こんなに、、、辛い、、」 「うっ、、、痛い」と魂の底から叫んでしまう。ココからソウルってもんが湧き出たのか もしれない?!  でもやっぱりいいねえニューヨークは、、                尾野さんにわきの毛をぬかれそうな                  安部純子、別府のビッグママよ。 ps:(尾野)おかしいなぁ。。。なかなかコアラの入会申込書出さない!      今日も、用紙を渡した!      当然、時間の問題でしょう    (水口)そうだ、うん。    (安部)オーヤーベーベー(Oh ya baby!) Hold your horses! My goodness!! I'll be there for you pretty soon.