国民文化祭記念電子マネー限定発行 
希望者緊急募集!      九州初上陸
                  渋谷の実験を大分で体験!

 この7月より、渋谷で2,000店舗を対象に10万枚の電子マネーが発行、実用化実験がスタートされていることはTV・新聞などで皆さんご承知の通り。それを国民文化祭で実体験してみましょう。http://www.dccard.co.jp/DCfiles/visaec.htm

参加方法は二通り
事前にコアラ事務局に申し込み(200名様限定)
 ★DCクレジットカード発行申し込みの方に限り

左記通常クレジットカードに加えて、


  ・「リローダブル型電子マネー」を発行
    (クレジットカードと別便で送られてきます)
  ・「使い切り型500円電子マネー」を1枚進呈
    (国民文化祭会場のコアラブースで差し上げます)

  9月25日(金)コアラ事務局必着
  でのみ対応可能です。

《会費を銀行自動引き落としにされておられる方へ
この際、コアラ会費をクレジットカード決済にいたしませんか?
 クレジットカードでの会費支払いは、日本国内約150ヶ所、海外40ヶ国からインターネットに7セント/分(米国内のみ4セント/分)で接続できるローミングサービスを利用できます。


会場にて「使い切り型500円電子マネー」を購入
(1000枚限定)
今回発行の電子マネーの種類は二つ。

◆DC-VISAキャッシュ(リローダブル型)
  何度でもお金を充てんして使える電子の財布のような電子マネーカード。
  充てんの方法は、DCのクレジットカードから会場添え付けのリロード機を使って行います。

実際のデザインは異なります


◆DC-VISAキャッシュ(使い切り型)
  コアラマークに、国民文化祭記念と印刷!


 今回の電子マネー発行は(株)DCカード様のご厚意で実現されるもので、渋谷で使っているものと同じであり、渋谷の方が大分で使うことも大分で発行したものを渋谷で使うこともできます。



国民文化祭、屋台村で渋谷の電子マネーを実体験!



使える会場は二つ。
 ●別府ビーコンプラザ内杉の井ホテル主催屋台村会場数店舗にて
    (10月18日(日)〜25日(日)まで)
 ●大分市若草公園・テント屋台村10店舗程度にて
    (10月18日(日)のみ)
 それ以外は、渋谷と神戸で使えますけど、、、





なお、
 集まりましょう、国民文化祭に! 10月24日14時・別府ビーコンプラザ
 最先端CG、アニメーションのトークを聞き、パーティを!そして二次会でコアラ例会!

■日時:10月24日(土) 14:00〜16:00 (交流パーティ16:00〜17:00)
■会場:別府ビーコンプラザ・国際会議室

【テーマ】デジタル・アニメーションの世界
  インターネットの未来はきっとディジタルのアニメでいっぱいかも!
  日本のアニメが世界で注目されていますが、その第一線で活躍されておられる
 方々のお話。アメリカSF映画だけがディジタル技術ではない、。。。

【コーディネーター】
浜野保樹(メディア教育開発センター助教授)
     ・・ハイパー研のワークショップ、別府湾会議などでお馴染みの方ですが、
      国のマルチメディア関連プロジェクト、委員会などよくリーダーとして参加。
      2005年愛知万博のマルチメディアプロヂューサー。アメリカの交友範囲
      が広く、映画に造詣が深く、スピルバーグやタイタニックのジェームス・キ
      ャメロン監督もお友達。

【パネリスト】
石川光久(プロダクションIG代表取締役)
     作品『Ghost in the Shell攻殻機動隊』劇場用『エヴァンゲリオン』など。
掛須秀一(ジェイ・フィルム社長)
     数々の映画のデジタル編集をてがける。主な作品:「ゴンドラ」「じゃりん子
     チエ」「GHOST IN THE SHELL-攻殻機動隊-」「J・MOVIE・WARS」(全シリーズ)」
押井守 
      作家、監督、? なんと呼べばいいの?、、この方を尊敬し、あこがれる
     人が多い!
      カルト的な人気を持つ、宮崎駿に並べられる(そして対照的な)日本アニメ会
     を代表する人物の一人。 
      チーフディレクターに抜擢された『うる星やつら』TVシリーズで人気原作に更
     に独自の要素を加えたアニメが評価され、オリジナルシナリオの映画『ビュー
     ティフル・ドリーマー』で大きな反響を呼ぶ。独特の世界観を持つ作品が固定フ
     ァンを生み、映画『攻殻機動隊』でアメリカでヴィデオ売り上げ1位になるほどと
     なった。
       (http://www.sa.sakura.ne.jp/~straydog/author/oshii/oshii.htmlより)

■17時以降、場所を移してコアラナイト(コアラの例会)を開催予定です。
 詳しくは、イベントコアラやwww.coara.or.jpでお知らせします。


国民文化祭のマルチメディアは別府ビーコンプラザが会場です。
 詳しくは http://bfes.coara.or.jp/ で、確認して下さい。

●マルチメディアトークショー(25日国際会議室)
・・・「シーナ&ザ・ロケッツ」の鮎川誠さん・いまの電脳世界を予言していたかのような小説「ノーライフ・キング」を書いたタレントのいとうせいこうさん・取材で世界を駆けめぐってる女性スポーツキャスターの小平桂子・アネットさんの3人がインターネットにまつわる生活談話を実際に各人のホームページなどを見ながら語り合います。
10月19日(月)〜25日(月)まで盛りだくさん行事があります。