年の瀬が近づいて、なにやら考えることがいっぱい。

 これは某デパートでの写真,コアラ電子会議で話題になった「うでまクマ」。ベアブームをついた話題商品ですね。
 年の瀬についに現物を見つけたんです、恐れ入りました。
(写真)↑537
 結構横幅が大きくて、これじゃダブルベットでないと使えないのじゃないの?(余計なお世話かな)

(写真)↑538
 コンピュータ売場の斉藤さんも、ワープロやパソコンでの年賀状づくりをお客さんに教えてた。こえも年の瀬の風景。

(写真)↑539
 さわこさんとみえさんは、カフェコアラ放送終了時点で、はい、ぽーず。
 今年も、一度も休むことなく毎週欠かさず月曜のカフェコアラ放送を実施。サワコさん、私のいないことも多かったなかでよく頑張ってくれました、ありがとうございました。
今年は昨夜で最後の放送。
 で、どういうわけか、二人からハイパーステーションに「お歳暮」
 さわこさんは,『ほしがき』を持ってきてくれた。とっても形の良いもので、おいしかった!

(写真)↑540
 そして、永野さんはご主人からのお歳暮、ということでこれはハイパーステーションの女性陣向けでしょうね。アンティックなケースに入ったアメがいっぱい。喜ぶ人もきっと多いに違いない。

(写真)↑541
 そして、この方は昨夜のゲストのウベニチ新聞社の佐野敏子さん。
 コアラtopからウベニチ新聞のホームページへリンクを貼っていますが、そのホームページを毎週彼女一人でやっている。既存の企業で女性一人ではなかなかにたいへんなのですが、、、彼女は先日アメリカに行って来てシリコンバレーで吉本さんに会ってきた。
吉本さんの素晴らしさを誉めていた。佐野さんはイギリスで数年間働いたこともある方なので英語もペラペラだし、、、。
 
(写真)↑542


 この後、森君と佐野さんと私、三人で食事に行きましたが、今年の私の結論。

「インターネットで女性が本当にコミュニティの主人公になりはじめた」
 ということかな。
 森君と話しててまさに思いましたが過去のコアラの事務局サポートは、どうしても女性主体でないと雇用条件(女性の方ごめんなさい)や,様々な展開から難しかったのですが、それをベースにしつつ、主婦の方をはじめとする普段は表に出にくい立場の方々が続々と登場されてきてて,過去のテキスト・コアラのコミュニティを越えていている。「女性のためのティ・パーティ」がまさにそれを象徴してて,あの場は私はまったく発言していないし、発言も求められない。私の立場は、それこそ事務方で部屋の用務員みたいな用事のみ。女性達自信が自主的に活躍しておられるし、それを核にして新しい従来なかなかお呼びできがたかった方々が集まってコミュニティを造ろうとしている。
 
 来年は、それらをしっかりサポートすることでしょう。
 そして、年末に向かって新しい芽を感じています。
 男性陣の参入です。
 過去、パソコン通信にしろインターネットにしろ,男性が本気で首を突っ込むのはバクチみたいなものであり、奥さんや子供さんを養うには危険なことでした。
 従って、趣味で一時的にサポートなどをしていただけても継続的な支援はなかなかに参入しがたかったし、こちらもお願いできないことでした。(それをやりすぎると私みたいに一時期,親や会社から勘当されたようなことになる)
 あと、それでもこの方面に携われるのは、本業の都合から関われる方々のみ。例えばコンピュータ会社の方や新聞社のその担当の方々,、、担当の期間だけ携われて、配置転換で本業に帰っていきますね。あるいは行政からの関係ももそれににていますね。

 しかし、ここで趣味を越えて関わりを持とうとする男性陣が現れ始めているように思います。本業でインターネットと正面から交わりを持とうとする動きです。
(他地域、福岡や先日の神戸、東京の話は右に置いて大分内の話ですよ)

 よい例が、森君はじめ、コアラのサポートを私とは別の立場で本格的やってみよう、NPOとして動いてみようと言う男性陣の登場でしょうね。
 これは佐々木さんが工業展で一肌も二肌も脱いでサポートした時がブレイクスルーだったのでしょう。それに続く別府湾会議もそうでしたが、従来の一時的なことではなく結構長い期間(工業展は10日間!)をサポートする、という驚きに近い男性陣の動きです。
 そういう動きが周囲から許されるようになったといえるのかもしれませんね。
 (パソコン通信よりもインターネットが世の中により広く正当なものとして評価されているが故に既存社会からの手助けが物心両面で許される、、、)
 また、ハイパーネットワーク社会研究所の武本君等は、新しい動き、面白さをインターネットやコアラの動きの中に本格的に求め始めているようですね。そのためには自ら企画し福岡や京都にも行き始めた。お、マレーシアにもですね。
 つまり、いろいろな可能性がより具体的見え始め、実際にやることを探し始めた。理論研究ではなく実践研究の場に自ら置くようになてきたように思います。そういった動きが各企業の中で興っているようですね。コアラホームページでのTOPにOBSニュースが出るようになったのもその一環でしょう。OBSでも男性がいいいよ動き始めたんですね。
(友田さん、TOSにもいろいろとお願いしたいのですけど。それと昨夜のゲストの佐野さんはそういった「社内の動きが始まれないのか」の悩みを持ってきてたようにも感じる。)

   それに、実は,コアラを支える技術部隊のハートの構成員の変化もそれを感じます。従来にはない職種や、技術員ではない男性が登場しはじめたり、大きなうねりを感じる年の瀬です。

 今年は、女性がインターネットを発見し,男性がそれを開墾する意思を持ち始めた,ということなのかな。。。来年が楽しみな気持ちです。

  年の瀬、今日の忘年会を入れてあと二日。

 ●明日は『行く年来る年』を23時から25時まで放送します。

 ●そして,1月1日は正午過ぎからもちつきを行い、それらの様子も放送する予定。

 そしてそして、1月2日は「イベントコアラ新年号」発刊の日。
 ●この週は友成さんお休みですので、私(!)が造る予定ですが、何をかいてよいやらまったく見当もつかない。
 皆さん、投稿して下さい。それを集めて軽い新年号を発刊しましょう。

●あ、電子会議で年賀状専用の会議室を造る必要があった、誰が議長でしょう?誰になっていただいたらいいのでしょうか?