尾瀬の歩いたコース アヤメ平(尾瀬沼)
朝の横田代

[朝の横田代]

アヤメ平

[アヤメ平]

大清水平

[大清水平]

大江湿原

[大江湿原]

      23:37(臨時、尾瀬ハイク号) 4:30 バス 6:10    6:30着6:40出発  7:30       8:30
1 コース 品川駅〓〓新宿駅〓〓〓上越線沼田駅⇒⇒⇒戸倉⇒⇒⇒鳩待峠→→→→→横田代→→→アヤメ平

           9:10      10:10        11:35     12:30     13:30     14:00着
       →→→→→富士見峠→→→→白尾山→→→→皿伏山→→→→大清水平→→→→三平下→→→→大江湿原(泊)

尾瀬沼

[朝の横田代]

尾瀬が原

[朝の横田代]

燧ヶ岳

[朝の横田代]

尾瀬ヶ原

[朝の横田代]

 
【二日目】
    6:00発     8:35       9:15        11:50(昼食)    14:00
    尾瀬沼→→→→ミノブチ岳→→→→燧ヶ岳→→→→下田代(見晴)→→→→山の鼻

        15:00 タクシー15:40  バス  17:10 電車
    →→→→鳩待峠⇒⇒⇒⇒戸倉⇒⇒⇒⇒⇒⇒沼田駅〓〓〓上野駅


            〓〓電車  ⇒⇒バス、タクシー  →→徒歩

 2 日程   夜行1泊2日
 3 時期   平成10年9月下旬
 4 今回のコースのコメント
  ・25年ぶりのアヤメ平と静かな尾瀬を歩いてみたくてこのコースとした。
  ・JRの夜行電車は臨時運行ですので事前の確認が必要です。
  ・鳩待峠は尾瀬登山口の中で一番登山者が多いがほとんどが山の鼻へ下るのでアヤメ
   平のコースは比較的静かな尾瀬が楽しめます。
  ・このコースで鳩待峠から尾瀬沼までの間は木道はほとんどないので登山用の靴が好
   ましい。
  ・横田代、大清水の草紅葉は見事でした。
  ・白尾山と皿伏山周辺は人も少なく避難ルートも無いので慎重な行動が必要です。
  ・燧ヶ岳への燧新道は雨の日はぬかるんで歩きにくい場所が多いので注意。
   燧ヶ岳からの展望は尾瀬の山頂では一番と思います。
  ・尾瀬ヶ原と鳩待峠の間は木道が整備されているので雨天でも比較的容易に歩けます。

  (行程の詳細記録はこちらをクリック)

 5 追記
  ・25年ぶりに訪れたアヤメ平は残念ながら自然の湿原は回復していなかった、回復
   の難しさを改めて実感しました。

戻る